三井物産、中国人インバウンドでWeChatと連携

  • 2022年3月13日

 三井物産は2月24日、SNSアプリ「WeChat」(ウィーチャット、微信)と連携し、国内の自治体やDMOを対象に中国人インバウンド客向けのワンストップ型スマート観光ソリューションを提供すると発表した。第1弾として中部国際空港利用促進協議会との協業で、名古屋をはじめ中部地方の観光振興を促すプロジェクトを実施する。

 提供するワンストップ型のスマート観光ソリューションには、テンセント社(本社・中国広東省深圳市)のWeChatを活用。ミニプログラムと呼ばれる、アプリ上で動作するインストール不要の軽量アプリを通じて、観光ルートや観光名所の提案、ショッピングやグルメの情報、名古屋や中部地方のイベント開催日程など旅行・文化コンテンツの情報を発信することで、中国人旅行客と観光地のつながりを深める効果を狙う。

 WeChatの月間アクティブユーザー数は12億人。旅行情報に加え、翻訳サービス、外国人旅行者向け税金還付、観光マップ、緊急情報へのアクセスなどさまざまな機能も提供する。

 三井物産ICT事業本部長の小日山功氏は「テンセント社と共同で提供するワンストップ型スマート観光ソリューションは、中国人をはじめとするインバウンド客の観光時のニーズに応えることができるだけでなく、自治体や観光関連事業者にとってもデジタルの力を通じて外国人旅行者に効果的、効率的に地域の魅力を発信できる先進ツール。三井物産はアフターコロナに向け、日本の自治体、観光関連事業者の観光DXをサポートしていきたい」と話している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram