ラグビーW杯の訪日外国人観戦客、旅行支出2.4倍の39万円 

  • 2020年1月20日

平均泊数は13.3倍に

 観光庁は、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会(2019年9~11月)を観戦した訪日外国人旅行者の消費動向を調査し、支出額などの試算結果をこのほど発表した。W杯を観戦した外国人の訪日旅行1回当たり支出は38万5千円で、観戦しなかった外国人の15万9千円に比べて約2.4倍となったことが分かった。平均泊数は観戦ありが13.3泊、観戦なしが8.2泊だった。

 

 19年10月10日~11月15日の期間に訪日外国人旅行者に聞き取り調査を実施した。調査地点は、成田、羽田、中部、関西、福岡、那覇の各空港。回答数は4049人。W杯観戦者の回答が30人以上だった国は英国、フランス、米国、豪州。

 フランスの支出を見ると、観戦ありの旅行者が47万6千円(平均泊数12.6泊)で、観戦なしの旅行者の20万2千円(同12.3泊)を大幅に上回った。観戦ありの支出の内訳は、宿泊費16万6千円▽飲食費14万9千円▽交通費7万4千円▽スポーツ観戦費3万9千円▽酒類の買い物代7千円▽その他4万2千円。

 豪州は、観戦ありの旅行者が40万8千円(平均泊数15.6泊)、観戦なしの旅行者が23万2千円(同10.7泊)。観戦ありの支出の内訳は、宿泊費14万5千円▽飲食費10万6千円▽交通費5万5千円▽スポーツ観戦費4万円▽酒類の買い物代2万3千円▽その他3万9千円。

 イングランド、ウェールズ、スコットランドが含まれる英国は、観戦ありの旅行者が38万6千円(平均泊数12.1泊)、観戦なしの旅行者が23万2千円(同10.1泊)。米国は、観戦ありの旅行者が32万8千円(同10.9泊)、観戦なしの旅行者が19万7千円(同11.1泊)となった。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram