ホテル宿泊客 料金上昇で満足度低下 コスパ悪化が影響


 顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関、J.D.パワージャパン(東京都港区)は、ホテル宿泊客の満足度に関する2023年の調査結果を発表した。コロナ中は余裕を持ったサービス提供が可能だったためか、満足度が高い傾向にあったが、最近の宿泊料金の上昇に伴い「料金」に対する顧客の評価が低下したことなどで、ホテルの宿泊客満足度は22年調査に比べて低下した。ただ、朝食などの評価が高まり、宿泊客満足度はコロナ前の19年と比べると上昇した。

「朝食」が評価向上の鍵

 調査は今回で17回目の実施。コロナ禍を受けて20年は未実施だった。アップスケールホテル部門は21~22年は調査の対象外。

 千点満点の宿泊客満足度は、ミッドスケールホテル部門が699点で22年比30ポイント減、エコノミーホテル部門が680点で19ポイント減。両部門で調査開始以来、最も高い料金水準となっており、「料金」に関する評価が大幅に下がったことで、宿泊客満足度が低下した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒