パシフィコ横浜、JNTO国際会議統計2018年会場別開催実績で1位を獲得 ​

  • 2020年1月21日

 パシフィコ横浜は、JNTO国際会議統計2018年会場別開催実績で1位を獲得した。

国内最大級の複合MICE施設※1、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:中山こずゑ)は、JNTO(日本政府観光局)が発行している「国際会議統計」※2の2018年会場別開催実績において「開催件数」「参加者総数」が国内MICE施設の中でトップとなりました。
2020年4月24日には、隣接地に新しいMICE施設「パシフィコ横浜ノース」の開業を予定しており、すでに120件を超える国際会議などの開催が決定しております。国際会議などのMICE参加者の消費は、一般の観光客よりも高い経済波及効果を生み出すとともに、ビジネス機会やイノベーションを創出する効果があるといわれ、また、文化芸術や学術振興につながる効果があり社会的意義も高いとされています。今後も国際会議をはじめとした多くのMICEを誘致し、その開催を通じて、地域へ貢献してまいります。

1. 2018年国際会議開催実績 MICE施設別ランキング・国際会議開催件数ランキング

1 パシフィコ横浜 104件
2位 大阪府立国際会議場 49件
3位 北九州国際会議場 45件
4位 国立京都国際会館 41件
5位 神戸国際会議場 39件

・国際会議参加者総数ランキング

1位 パシフィコ横浜 201,512人
2位 神戸国際会議場 133,956人
3位 大阪府立国際会議場 124,841人
4位 国立京都国際会館 83,575人
5位 神戸国際展示場 80,031人

・国際会議外国人参加者数ランキング

1位 国立京都国際会館 16,410人
2位 パシフィコ横浜 13,307人
3位 神戸国際会議場 6,257人
4位 東京ビッグサイト 5,766人
5位 北九州国際会議場 4,726人

出典「日本政府観光局(JNTO)2018年国際会議統計 (第1章 日本で開催された国際会議の動向:会場別 国際会議の開催状況)」より抜粋
*日本政府観光局における国際会議の基準
(1)主催者:国際機関・国際団体(各国支部を含む)または、国家機関・国内団体
(2)参加者総数:50名以上  (3)参加国:日本を含む3か国以上  (4)開催期間:1日以上
MICE施設:大学・ホテルを除きます

2. パシフィコ横浜で開催された2018年の主な国際会議
・第64回国際ゾンタ世界大会(64th Zonta International Convention)(2018年6月29日~7月3日開催)
・第45回国際ソロプチミストアメリカ連合隔年大会(45th Biennial Convention Soroptimist International of the Americas )(2018年7月30日~8月2日開催)

第64回国際ゾンタ世界大会第64回国際ゾンタ世界大会

第45回国際ソロプチミストアメリカ連合隔年大会第45回国際ソロプチミストアメリカ連合隔年大会

※1 MICEとは
Meeting(企業ミーティング)、Incentive Travel(報奨・研修旅行)、Convention(国際会議)、Exhibition/Event(展示会/イベント)といったビジネスイベントの総称。
※2「国際会議統計」について
JNTO(日本政府観光局)が毎年発表している統計で、日本における国際会議の開催実績を集計・分析した統計、 開催された国際会議のデータ、並びに国際団体連合 (UIA: Union of International Associations) が発表した世界の国際会議統計を掲載した、国内唯一の国際会議の開催実績に係る資料。

【参考情報】
パシフィコ横浜とは

会議室、展示場、ホテルを1カ所に集約した「ALL IN ONE」をコンセプトに設計され、MICE開催に必要とされる全ての機能を備えた、国内最大級の複合MICE施設です。ホテルの美しくユニークな外観は風をはらむ「帆」をイメージ、国立大ホールは「貝」、展示ホールは「波」、会議センターは「光」をデザインし、ホテル海側の先端には、航海の安全を祈る「みちびきの像」が設置されています。『みなとみらい21事業』におけるリーディングプロジェクトとして、1991年に開業。「観光・MICE・創造都市 よこはま」のMICE拠点となっており、政府系会議APECやTICADが開催されました。国際会議の開催においては、国内トップの実績があります。
https://www.pacifico.co.jp/

パシフィコ横浜ノース 施設概要
「汀(みぎわ)」をイメージした外観をもち、国内最大規模約6,300平米の多目的ホールは、海外の先進的MICE施設のバンケットルームに倣っており、大中小42室の会議室と併せて、3,000名規模の会議が開催できます。パシフィコ横浜ノースが誕生することにより、パシフィコ横浜は国内最大の大型会議施設となります。

所在地:横浜市西区みなとみらい一丁目1番2号
【最寄り駅】 みなとみらい線「みなとみらい駅」・「新高島駅」
階数:地下1階、地上6階
延床面積:約 47,000平米
主要施設:
・多目的ホール(1F):約 6,300平米
【最大収容人数】 スクール3,600名、シアター6,000名、
立食5,000名、丸卓(着席)2,000名
・会議室(2F~4F):大中小42室 計6,185平米
【収容人数】 スクール32名~288名、シアター56名~500名
開業予定日:2020年4月24日(金)

パシフィコ横浜ノース外観パシフィコ横浜ノース外観

パシフィコ横浜ノース内観 多目的ホール(立食)パシフィコ横浜ノース内観 多目的ホール(立食)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram