ハッピーマンデー守り抜く 林幹雄議員、観光団体“固定化反対会議”で

  • 2018年6月11日

ハッピーマンデーの維持を訴える田川JATA会長ら

 超党派の国会議員による「海事振興連盟」が7月第3月曜日の「海の日」を7月20日に固定化しようと動くなか、観光6団体は5月30日、観光振興に理解のある国会議員を招き、ハッピーマンデー(祝日三連休)の維持を訴える会を開催した。国会議員を代表した自由民主党幹事長代理、観光立国調査会会長の林幹雄衆議院議員は「地方創生にてっとり早く対応できるのは観光だ。今日は観光関係の議員同士が手を携えて、ハッピーマンデーを守り抜くという決意を表明する」と力強く述べた。

 「働き方改革など休暇制度を考える会議」の名称で、日本旅行業協会(JATA)と全国旅行業協会(ANTA)、日本ホテル協会、全日本シティホテル連盟、日本旅館協会、日本観光振興協会が衆議院第一議員会館で開催。林議員や門博文議員、鬼木誠議員ら議員・プレス40人、観光関係者300人が参加した。

 主催団体を代表してJATAの田川博己会長は「ハッピーマンデー制度は国民運動により設立され、すでに20年間近く日本各地で旅行の機会として定着している。ハッピーマンデー維持が必要不可欠だ」と訴えた。

 福島県から5人の女将も参加。いわき湯本温泉・新つたの若松佐代子さんは「夏休み直前の3連休は観光需要にとって欠かせない存在」と話した。


ハッピーマンデーの維持を訴える田川JATA会長ら

関連する記事

観光庁の宿泊旅行統計調査で、宿泊施設の今年7月の客室稼働率(第2次速報値)は、前年同月比0.1ポイント減の61.9%だった。全国のうち28府県が前年同月の数値を下回った。…

続きを読む

観光庁は3日、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業の実施者の募集を開始した。自治体、観光協会、スキー場事業者などが連携する団体や協議会が対象。国内外からの誘客に取…

続きを読む

観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査の結果、宿泊施設の今年7月の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比3.0%減の4453万人泊だった。このうち日本人の延べ宿泊者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!