ニューヨーク市観光会議局、東京・大阪で観光説明会 東京都との戦略パートナーシップを2年間延長


ニューヨーク市観光会議局のタウンゼント氏(写真右)とヒーリー氏

 ニューヨーク市観光会議局は15~17日、東京と大阪で旅行会社に向けた観光説明会を開いた。また東京都との間で2017年に初めて結んだ戦略的パートナーシップの2年間延長も決めた。

 同局は米ニューヨーク市における五つの行政区(ブロンクス、ブルックリン、マンハッタン、スタテンアイランド、クイーンズ)の公式ツーリズム・マーケティング機関。今回の来日には、エンパイア・ステート・ビルディング、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、ロックフェラ―・センターなど同局のパートナー企業10社が同行。旅行会社との商談会も行った。

 同局グローバル・コミュニケーションズ部門エグゼクティブ・バイスプレジデントのティファニー・タウンゼント氏は、「2023年は日本から19万7千人の旅行者を見込んでいる。東京都との相互観光パートナーシップの更新を機に、マーケティング活動の強化を図り、継続的な観光経済の成長を期待している」と述べた。

 同局ツーリズム・マーケット・ディベロップメント部門シニア・バイスプレジデントのマキコ・マツダ・ヒーリー氏は、最近開始した、日本語字幕付きの無料オンライン・トレーニングツール「ニューヨーク・トラベルトレード・アカデミー」を紹介。世界中の旅行関係者に、ニューヨーク市に関する基本情報から最新の施設・イベント情報まで、幅広い商品とサービスを紹介し、より深く豊富な知識を身に付けてもらうためのセルフ・ラーニング型教育プラットフォームで、五つの行政区ごとに分けて受講できるという。

 同局と東京都が2年間延長した戦略的パートナーシップでは、主に相互観光PRプロモーションを行う。各都市の観光マーケティング資産を活用し、両都市の観光を促進する。例えば、東京では、11月6日から19日までの間、都営地下鉄線車内液晶モニターと都営バス停留所でJALの新機材エアバスA350―1000が羽田―ニューヨーク線に初就航することを告知。ニューヨークでは、12月11日から24年1月7日までの期間、市内の公共無料WiFiステーション「LinkNYC」とニューヨーク市内50カ所にあるバス停留所に東京都をプロモーションするデジタル広告を掲出する。オンラインやSNSでも露出していく。

 ニューヨーク市は2022年、延べ5670万人の旅行者を迎えた。23年は国内旅行者4880万人、海外旅行者1080万人の合計5960万人の旅行者の来訪を予測。19年に35万4千人だった日本人旅行者数については、23年は19万7千人と予測している。

 22年のニューヨーク市の観光経済効果(回復率)は、年間来訪者数が5670万人(19年比85%)、経済効果681億ドル(同94%)、税収入62億ドル(同92%)、雇用創出34万4千人(同85%)だったとした。


ニューヨーク市観光会議局のタウンゼント氏(写真右)とヒーリー氏

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒