ドバイ政府観光局、第1四半期の日本人旅行者が18%増・3万1千人と発表

  • 2018年5月16日

 ドバイ政府観光局は、18年第1四半期の日本人旅行者が18%増・3万1千人となったと発表した。

ドバイ政府観光・商務局(以下、ドバイ観光局)は、2018年第一四半期(1~3月)にドバイを訪れた海外からの宿泊旅行者数が、過去最高の470万人、前年同時期比2%増を記録したと発表しました。このうち、日本からの宿泊旅行者数は31,000人、昨年同時期比18%の伸びとなりました。
ドバイへはスポーツの試合出場や観戦目的で渡航する旅行者も多くいます。世界が注目するロシアでのスポーツ大会を前に、ドバイのスポーツイベントと会場をご紹介します。

バージュ・カリファバージュ・カリファ

ドバイのスポーツ施設と観戦場所情報

1. ドバイ・スポーツ・ワールド
・5月17日~9月8日の間、ドバイ・ワールド・トレード・センターがインドアスポーツ施設に変身。25,000㎡の広さで空調完備です。

・5月19日~7月8日の毎週末、6面のサッカー競技場では、ドバイ・スポーツ・ワールドカップが開催されます。32のサッカーチームがトーナメント方式で戦い、優勝すると賞金約300,000円が授与されます。チームの参加登録はオンラインで受け付けています。

・その他、ラグビー場(6面)、テニスコート(3面)、バレーボールコート(2面)、卓球台(12台)、そして、14の障害物を配した新設備、アスレチックコース「ニンジャ・ウォーリアー・コース」を備えています。利用の際は、オンライン予約が可能です。

https://booking.dubaisportsworld.ae/

λ ドバイ・スポーツ・ワールドλ ドバイ・スポーツ・ワールド

2. ザ・セブンズ・スタジアム
・ドバイ国際空港から約30分、国際基準のスポーツ&エンターテイメント施設。収容人数は50,000人規模。これまで、ACミランvsハンブルクやレアル・マドリッドなどの試合で大いに盛り上がりました。

・8つのサッカー競技場があり、ドバイの多くのサッカーチームがホームとして利用。日本コミュニティで人気の高い、日本サッカークラブも含まれます。

・その他、サッカー競技場(8面)、クリケット競技場(6面)、テニスコート(4面)、ネットボールコート(4面)、バスケットコート(1面)などを備えます。エミレーツ航空「ドバイラグビー・セブンズ」( 本年は11月29日~12月1日開催)の会場としてもよく知られています。

https://www.thesevensstadium.com/

 3. バラスティ・ビーチバーでスポーツ観戦!
ドバイにはスポーツ観戦が楽しめるレストランやバーが多数あります。

・ル・メリディアン・ミナ・セヤヒ・ビーチリゾート&マリーナ内のバラスティ・ビーチバーでは、10以上のスクリーンで、フットボールからダーツまで、スポーツ観戦をしながら、寛いだ一時を過ごせます。
女性にうれしい「レディースデー」(日~火曜10~22時)には、ピンクグレープドリンクが無料、一部のフード&ドリンク類が50%割引きに!

https://www.barastibeach.com/

バラスティ・ビーチバーバラスティ・ビーチバー

近日:ラマダン
今年は5月16日~6月15日*を予定

今年のラマダン(=断食月)は5月16日開始予定であることが発表されました。
*ただし、月の観察の結果、日程が変更になる場合があります。

ラマダンはイスラム教徒にとって、とても神聖な期間です。一方、イスラム教徒以外の旅行者にとっては、特別な時期の特別なドバイが楽しめる時期となります。ラマダン中の食に関する問い合わせを多くいただきますが、今年は128軒のレストランが、ランチと朝食の時間帯に営業する予定であると発表されています。

http://www.timeoutdubai.com/ramadan/features/82909-ramadan-2018-in-dubai-128-restaurants-open-for-lunch-and-breakfast

関連する記事

アウトドアエンターテイメント施設の「PICA WILD BASE fujisan」は、ミニスノーモービル・スノーラフティングの営業を開始した。 静岡県裾野市にあるアウトド…

続きを読む

東名高速道路・海老名SA(上り)では、「北陸物産展」を開催している。 【開催期間】2019年1月18日(金)~2019年3月17日(日) 【開催場所】東名高速道路海老名…

続きを読む

プリンススノーリゾートでは、子どもや訪日外国人旅行者などがスキー・スノーボード以外で楽しめる「コト消費」を提案している。 株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区3‐1…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube