トリップドットコム、ゴールデンウィーク期間の人気旅行先ランキング速報を発表

  • 2019年4月21日

 トリップドットコムは19日、ゴールデンウィーク期間の人気旅行先ランキング速報を発表した。

旅行予約サイト「Trip.com」は、今年のゴールデンウィークにおける旅行先人気傾向を探るため、2018年と2019年のGW期間旅行でのホテル予約率及びフライト予約率のランキングを発表します。

Trip.com上においてゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)、Trip.com日本語サイト利用者のホテル予約率及びフライト予約率を調べたところ、前年比、全体で、ホテルは1.5倍以上、航空券は2倍以上予約が入っていることがわかりました。10連休になる今年、例年に比べ海外旅行を計画している人が多い傾向にあることが見受けられます。また、ホテル予約率をみてみると、GWが10連休になることが発表された去年10月から予約数が徐々に増加。2018年、GW予約のピークが4月であったの対し、今年は3月が予約のピークになるなど、大型連休に備え去年より早めに予約をする人が多いことがわかりました。さらに2019年、GWの人気海外旅行先※1を調べたところ、1位から順にソウル、バンコク、セブ、台北、バリ、マニラ、香港、上海、ホノルル、プーケットとなりました。特に1位の韓国は、ホテル予約率及び航空券予約率において、ソウルが国内外全体での人気旅行先1位となった上、韓国行きの航空券予約率は前年同期比361%増加、ホテルの予約率も341%増加するなど、韓国人気が顕著になっていることがわかりました。

※上記調査データはTrip.com上における、GW期間(4月27日~5月6日)における航空券の予約結果を元に集計しています。

長期連休の影響でバンコクやセブ等、リゾート地での旅行を計画している人も多いなか、日本から近く、気軽に行ける上、4月~5月は過ごしやすい気候になるなどの理由から韓国旅行を楽しむ人が依然として多い傾向が見受けられます。

※1.GW期間中の航空券予約数で調査(Trip.com調べ)

■Trip.com(トリップドットコム)について

宿泊予約、交通チケット、パッケージツアー等を提供する中国本社のOTA(オンライントラベルエージェント)『Ctrip.com International, Ltd.』が運営する中国国外向けOTAサービス。13ヶ国語対応のウェブサイトとアプリを通じて、旅行商品のワンストップ予約サービスを提供し、提携ホテルは世界200ヶ国120万軒、フライトは200万ルート、5,000都市を網羅しています。

関連する記事

西鉄は8日、「マイルート」アプリ限定の西鉄電車 福岡(天神)駅~太宰府駅1日デジタルフリー乗車券を発売した。 7月8日(月)より、スマートフォン向けアプリ「my rout…

続きを読む

日本旅行がプロデュースキティ電車を運行 養老鉄道(本社・岐阜県)は同鉄道の全線開通100周年を記念して、日本旅行のプロデュースによるサンリオの人気キャラクター「ハローキ…

続きを読む

日本旅行はこのほど、夏休みの旅行動向を同社のツアー予約状況などからまとめた。国内旅行ではデスティネーションキャンペーン(DC)中の熊本県や、涼を求める人々でにぎわう群馬県…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube