ジャルパック、上期のテーマは「いい旅、あたらしい旅。」に

  • 2013年2月2日

 ジャルパックは1月23日、東京都品川区の本社で、2013年度上期の「JALパック」商品の説明会を行った。安全と品質の「いい旅、あたらしい旅。」をテーマに掲げる同社は、上期の商品について、JALパックならではの「企画力」と「手配力」を生かした魅力あるツアーを満載したと発表。二宮秀生社長=写真=は「旅行会社が介在する意味を商品に生かした」と意気込みを語った。

 今期は国内旅行、海外旅行とも「ゆったり」と「楽しい」をキーワードに商品を企画した。

 「ゆったり」をキーワードにした商品では、新世代シニアと呼ばれるアクティブなシニア層へのアプローチを強めた商品をそろえた。国内旅行では、観光性の高いコースとガイドを活用したコースを拡充。移動中もゆったり楽しめるよう観光列車を利用したコースを新設し、観光タクシーや観光バスコースも各方面に設定した。また観光タクシー、レンタカーコースはホテルを午前9時以降に出発、午後5時前到着で、ホテルチェックイン後にゆっくりくつろげる「ゆったり行程」を組んだコースも各方面に盛り込んだ。

 「楽しい」をテーマにした国内旅行は、オフィシャルスポンサーならではの企画として、30周年を迎える東京ディズニーリゾートの貸し切りイベントツアーや、プレミアムガイド付きツアーなどをさらに充実させた。

 パンフレットについては、今期から表紙の色を赤から白に変更した。表紙左上にはJALパックのブランド名を黒色で、右上には「鶴丸」を配し、赤色の表紙が多い他社のパンフレットとの差別化を図った。

 国内旅行の13年度計画人数については、前年比5%増とし204万5千人を目標する。2012年度落ち込んだ北海道、九州、沖縄方面については巻き返しを図りたい考えを示した。

 また1月17日に放送が始まったジャルパック社員の奮闘を描いたドラマ「あぽやん」については、「ジャルパックを身近に感じてもらえるようになればと期待する」と二宮社長。販売店にドラマのポスターなどを配布し、販売促進に活用するとした。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram