サステイナブルをさらに推進 東急ホテルズ、アクションプラン制定

  • 2022年5月29日

川崎キングスカイフロント東急REIホテル

 東急ホテルズ(東京都渋谷区)はこのほど、2019年制定の三つのサステイナビリティ(目指す姿)と六つのサステイナブルテーマから成る「サステナブル方針」に基づき、より具体的な行動を示す「アクションプラン2022」を制定した。ホテル事業を通して持続可能な社会への貢献を推進する。

 今回のアクションプラン2022では、SDGs17項目を「環境」「社会」「管理体制」に分類。脱炭素・循環型社会について「シーツやタオル類の交換を最小限にし、地球環境負担の軽減に貢献する」、居心地について「ユニバーサルルームやバリアフリールーム、ベジタリアン・ビーガンメニューなどを充実させる。受動喫煙防止に努める」など、具体的なアクションプランを10項目にわたり設定した。

CO2削減へ水素ホテルを継続

 東急ホテルズが運営する川崎キングスカイフロント東急REIホテル(川崎市川崎区)は、2018年の開業時から環境省の実証事業に参画し、ホテル内の約30%の電力を水素で賄う「世界初の水素ホテル」として営業してきたが、同事業が今年3月31日で終了するのに当たり、かねてCO2削減を維持できる方法を模索していた。

 同館は昨年9月、環境省の「脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業」に採択され、新スキームで水素燃料電池ユニットを更新。来年1月から再び水素ホテルとして水素発電を継続することとなった。

 同館の水素発電によるCO2削減への取り組みは、東急ホテルズのアクションプラン2022内でも項目の一つとして設定されている。

川崎キングスカイフロント東急REIホテルの外観と昨年まで稼働していた純水素型燃料電池(下)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram