グリスロで奥入瀬観光 

  • 2022年9月28日

 NPO法人の奥入瀬自然観光資源研究会(おいけん、青森県十和田市)はこのほど、グリーンスローモビリティ(グリスロ)=写真=を利用した奥入瀬渓流ネイチャーツアーを開始した。

 グリスロは、時速20キロ未満の電気自動車を活用した移動サービスで、人口減少や高齢化などに伴う地域内交通の課題解決や、低炭素型社会の実現に貢献すると期待されている。

 現在、国土交通省は奥入瀬渓流(国道102号)を迂回(うかい)する青ぶな山バイパス(トンネル)工事を進めており、ツアーは同バイパス完成後を見据え、将来の交通体系検討の基礎資料とするため、官民連携で社会実験する。

 ツアーは同市のESARIOが催行し、車両は佐々木石油販売が提供する。定員8人で、鉛バッテリーを使い、走行距離は80キロという。透明ガラス(スケルトン)で視界が広い。

 9、10、11月と23年1月の土日祝日を中心とする指定日に実施。催行区間は奥入瀬渓流館―雲井の滝間で、ガイドが同乗し、景勝地では下車して景色を楽しんだり、滝などのフォトスポットを巡りながら樹木やコケなどを観察する。所要時間は約2時間。ツアー料金は無料だが、損害保険料やマップ代として500円を徴収する。おいけんは「バスに乗っていながら2時間トレッキングしているような、新しいスタイルのトレッキングバスツアー」と話している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram