グランド鳳陽、新型コロナ影響で自己破産 

  • 2020年9月5日

 帝国データバンクによると、旅館経営のグランド鳳陽(佐賀県嬉野市、資本金800万円)は、7月31日までに事業を停止、自己破産申請の準備に入った。負債は約5億円。佐賀県内で新型コロナウイルス関連倒産は2件目。

 同社は、1957年2月設立で、佐賀県屈指の温泉街である嬉野温泉街で「グランド鳳陽」を経営していた。ピーク時の売り上げは判明しないものの、同地を訪れる観光客が減少する中、同社も減収で赤字決算を余儀なくされ、近時の業績も低迷が続いていた。

 また、従来から設備投資への負担などもあって厳しい資金繰りを余儀なくされていたが、近時は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で宿泊客が大幅に減少。緊急事態宣言以降は臨時休業も強いられ、先行きの見通しが立たなくなったことから事業継続を断念した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら