グランドニッコー東京 台場、「中国料理 桃李」を3月6日オープン

  • 2020年2月21日

 グランドニッコー東京 台場は、「中国料理 桃李」を3月6日にオープンする。

「東京を楽しむ 東京をくつろぐ」ひとときをお届けするグランドニッコー東京 台場(住所:東京都港区
代表取締役社長 総支配人:塚田 忠保)は、2020 年3月6日(金)に伝統中国料理の“追求と進化”をコンセプトとしたレストラン、「中国料理 桃李」をオープンいたします。

このたび新たにオープンする「中国料理 桃李」は、モダンなデザインとトラディショナルなデザインの対比の意外性と新しさを調和した、現代中国料理レストランです。伝統の中国料理に磨きをかけながら時代のニーズに応え進化させた料理の数々を、熟練の技が織りなすおすすめ一品料理のほか、ランチコースとディナーコースにてお愉しみいただけます。

食材を引き立たせるために必要不可欠な、ベースの「上湯(シャンタン)スープ」とアクセントとして使用する「XO醤」は、常に伝統中国料理を追求し続ける料理長こだわりのレシピで作られています。
「ふかひれの姿煮」などに使われている「上湯スープ」は、大量の豚肉丸鶏などを使用し芳醇なコクを出すとともに、徹底したあくとりを行い、濁りのない味を追求しました。出来上がったスープに、世界3大ハムの一つに数えられる金華ハムのスープを足すことで旨味を引き上げ、極上の上湯として完成させています。
「XO醤」は、金華ハムを贅沢に使い他の食材をなるべく使わないことで、金華ハム本来の香り高い味を前面に出しています。どんな料理に合わせても、ワンランク上の味付けに仕上げられるXO醤です。中でも「XO醤海老チリ」は、XO醤のコクと海老の旨みがマッチングした本格的な味わいをお愉しみいただけます。

お台場の地に新たに登場する「中国料理 桃李」で、伝統中国料理の“追求と進化”コンセプトにしたこだわりの料理の数々を、ぜひお愉しみください。
 

中国料理 桃李 店舗詳細】◆店舗名: 中国料理 桃李

◆英語表記: Chinese Restaurant Toh-Lee
◆営業時間: ランチ 平日 11:30~14:30 (L.O.) 土・日・祝 11:30~15:30 (L.O.)
ディナー 17:30~21:00 (L.O.)
◆席 数: 126席 個室5室
◆ご予約・お問い合わせ: 03-5500-4550 (レストラン総合案内)
◆コンセプト: 「伝統中国料理の”追求と進化”を味わう」

 

<メニュー詳細> 

・銘柄豚を使った黒酢すぶたのスペアリブ ¥2,400
はらりとほどけるように柔らかい銘柄豚のスペアリブを、紅麹と黒酢を使ったソースでまとった、ワンランク上の酢豚です

・黒海老チリ ¥2,800
トマトと相性の良いイカスミを使い、濃厚な味わいの海老チリに仕上げました。見た目と味わいのギャップをお楽しみいただけます。

(その他 一部抜粋)
・XO醤海老チリ ¥3,300
・ふかひれの姿煮(小) ¥3,800
・八丈島産金目鯛の刺身 ¥2,000
・契約農家の無農薬野菜を使ったアムチョンソン ¥2,000
・桃李点心師手作りの黒蜜豆腐 ¥1,300

【オープン記念特別料金プラン登場

対象期間: 3月6日(金)~ 4月24日(金)
ランチコース 雅(ミヤビ)> ¥4,500
通常料金¥5,500のコースを、¥1,000 OFFでお召し上がりいただけます。
ディナーコース 彩虹(サイコウ)> ¥8,500
通常料金¥10,000のコースを、¥1,500 OFFでお召し上がりいただけます。

本リリースの表示料金は消費税・サービス料込なっております。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram