クールジャパンデータ&デジマケアワード、新潟への訪日企画が最優秀賞受賞

  • 2022年12月5日

新潟県・佐藤主任「ローカルならではのクールな魅力輝かす」

 クールジャパンデータ&デジマケまつり実行委員会は11月24日、クールジャパン戦略を加速するデジタルマーケティング先進事例を表彰する「クールジャパンデータ&デジマケアワード2022表彰式」=写真=を埼玉県所沢市のところざわサクラタウンで開いた。最優秀賞には新潟県(新潟市)とゼロイン(東京都中央区)による「訪日外国人旅行者を新潟県に呼び込むためのオーガニックでサステナブルなデジタルマーケティング」が選ばれた。

 表彰は、クールジャパン文脈のデジタルマーケティング活動における創造性や新規性、クールジャパン推進へのインパクトなどを基準に審査して決定。表彰式は、11月21~24日に開かれたクールジャパンデータ&デジマケまつりの最終日に行われた。募集は9月12日から10月21日まで行われ、約40件の応募から、クールジャパン機構の川﨑憲一社長や大阪観光局の溝畑宏理事長、日本政府観光局の蔵持京治理事長代理など8人が審査した。当日には、ファイナリストとなった3社のプレゼンテーションが行われた。

 最優秀賞の「訪日外国人旅行者を新潟県に呼び込むためのオーガニックでサステナブルなデジタルマーケティング」は、経済・社会・環境の三つの観点でのサステナブルなデジタルマーケティングを実施するというもの。取り組みでは、データと知見を組み合わせながら仮説を立て、訪日ファンを集めるメディアの活用や県全体のリレーションシップの構築、外国人目線でクールな新潟(Finding Rural Japan)の自然の魅力を掘り起こした。新潟県国際観光推進課の佐藤亮太主任は「まねできないローカルならではのクールな魅力が輝くことがクールジャパンの実現だ」と話した。

 ファイナリストは、次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram