キャセイパシフィック、6月の供給座席数は平常時の5%

  • 2020年5月11日

6月1日から6月20日は東京(成田)便を週3便運航
6月21日から6月30日までは東京(成田)と大阪を毎日1便のデイリー運航へ

 キャセイパシフィックグループは11日、6月の供給座席数は平常時の5%程度になると発表した。

キャセイパシフィックグループでは、新型コロナウイルスの感染拡大による世界各国での出入国規制強化及び旅客需要の減退がしばらく続くと予想されることから、ネットワーク全体における供給座席数を、2020年6月は平常時の約5%の水準とする予定です。日本発着路線においては、6月の最初の3週間は、成田/香港の旅客便を火・木・土曜日の週3便で運航し、6月21日から30日までは、成田/香港を毎日1便のデイリー運航に増便、また5月末まで運休予定となっている大阪/香港を毎日1便でデイリー運航する予定です。

日本発着路線以外では、6月1日から6月20日まで、香港発着のロンドン(ヒースロー)、ロサンゼルス、バンクーバー、シドニー、デリー線を週2便、香港発着の台北、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ホーチミン、シンガポール線を週3便体制で、いずれもキャセイパシフィック航空により運航します。また香港発着の北京、上海(浦東)、クアラルンプール線を週3便体制で、キャセイドラゴン航空により運航する予定です。

6月21日から6月30日の間は、香港発着のロンドン(ヒースロー)、ロサンゼルス、バンクーバー、シドニー線を週5便、香港発着のアムステルダム、フランクフルト、サンフランシスコ、メルボルン、ムンバイ、デリー線を週3便、香港発着のソウル、台北、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ホーチミン、シンガポール線を毎日1便体制で、いずれもキャセイパシフィックにより運航し、香港発着の北京、上海(浦東)線をキャセイパシフィックまたはキャセイドラゴンにより毎日1便運航します。さらに香港発着のクアラルンプール線を毎日1便体制で、キャセイドラゴンにより運航予定です(いずれも各国・地域の渡航制限により変更となる場合あり)。

また、航空貨物需要に対応するため、貨物専用便の運航は通常のスケジュール通り維持するとともに、貨物チャーター便や旅客便の貨物搭載スペースと客室を使った貨物輸送により、輸送能力を増強します。

2020年6月1日から6月30日までの日本発着路線の旅客便の運航計画の詳細は以下のとおりです(政府認可申請予定)。

?6月9日、11日、16日はCX527/526便で運航

*事前に予告なく変更になる場合があります。

なお、上記以外の日本発着路線である東京(羽田)、名古屋、福岡、札幌、沖縄発着の旅客便は、6月も引き続き運休となります。

キャセイパシフィックでは、お客様の今後のご旅行の計画や変更に柔軟に対応できるよう、変更手数料や払い戻し手数料を無料にする、あるいは航空券の総額を後日の旅行に使える「キャセイクレジット」に交換できるようにするなど、複数の選択肢を提供しています。詳細はキャセイパシフィックのウェブサイトで案内しています。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram