【記事&動画】オンライントラベルの国際会議「WIT Japan2018」、都内で開催 OTA・メタサーチのトップが登壇 

  • 2018年7月12日

(写真右から)髙野、三島、宮本、ダイクス、牧野の各氏

 オンライン旅行業界の国際会議「WIT Japan2018」が6月29日、東京都目黒区のウェスティンホテル東京で開催された。約500人が参加した。

 日本ブランドと国際ブランド双方のOTA、メタサーチのトップの意見を聞き、オンライン旅行業界の方向性を探るセッション「Best of Both Worlds・An OTA Exchange」には、楽天トラベル事業長の髙野芳行氏、JTBWeb販売部戦略統括部長の三島健氏、リクルートライフスタイル執行役員旅行領域担当(じゃらん)の宮本賢一郎氏、エクスペディアホールディングス社長のマイケル・ダイクス氏、トリップアドバイザー社長の牧野友衛氏の5人が登壇した。

 司会進行は、WIT Japan実行責任者の柴田啓氏(ベンチャーリパブリック社長:旅行比較サイト トラベルジェイピー運営)とWIT創始者のイェオ・シュウ・フーン氏が担当。司会進行役からの質問に対して、各氏が順番に回答していくという形式でセッションを展開した。

◇   ◇

 ――(柴田)世界でOTAの成長が鈍化している。ブッキングドットコムの成長率は14年31%、15年25%、16年23%、17年18%。飛ぶ鳥落とす勢いだった中国のシートリップの成長率は15年第4四半期50%、16年同76%、17年同26%といった具合だ。日本のOTA各社の昨年の成長率を聞きたい。

 髙野「0~10%」

 三島「0~10%」

 宮本「0~10%」

 ――今年の成長率の見込みはどうか。

 髙野「10~20%」

 三島「国内旅行は0~10%、インバウンドは10~20%」

 宮本「0~10%」

 ――サイトの新ユーザーはどこから流入してきているのか。トラフィックの源は何か。

 髙野「楽天市場など楽天グループ内の他サービスからの流入が一番多い」

 三島「モバイルからの利用が増えている」

 宮本「検索エンジン経由が一番多い」

 ――検索エンジンからの流入は前年対比で増えているか。

 髙野「増えている」

 三島「変わらない」

 宮本「増えている」

 ――(イェオ)日本でどの程度の成長を考えているか。

 ダイクス「現在、30%以上の成長をしている。急速に伸びている」

 牧野「国内で50%、インバウンドで26%の成長を想定している」

 ――アジア太平洋地域の宿泊予約のシェアは、17年がホテルサイト54%、OTA経由46%だった。5年後はどうなると思うか。

 ダイクス「日本でOTAがまだまだ浸透しておらず、現在は38%程度。あと3年ぐらいで世界レベルの50%まで伸びると思う」

 牧野「ダイクス氏と同じ意見だ」

(写真右から)髙野、三島、宮本、ダイクス、牧野の各氏

↑ WIT JAPAN 2018 (1) ダイクス氏&牧野氏、英語発言部分の同時通訳音声です。

関連する記事

トリップアドバイザーは23日、世界中の旅行者の口コミから選ぶ「トラベラーズチョイス™ ホテルアワード2019」を発表した。日本の「旅館」部門1位は、8年連続…

続きを読む

JALグループは23日、2019年度の路線便数計画を決定したと発表した。 JALグループは、2019年度の路線便数計画を決定しました。 国際線は、2017年のビザ発給要件…

続きを読む

日本旅行はこのほど、中国最大のソーシャルメディア「微博」(WEIBO=ウェイボー)が主催する「WEIBOアカウント・フェスティバル・イン・ジャパン2018」で「信頼できる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube