エミレーツ航空とエア・カナダ、戦略的パートナーシップを締結

  • 2022年7月31日

 エミレーツ航空とエア・カナダは12日、戦略的パートナーシップを締結した。

エミレーツ航空は2022年7月12日(現地時間)、エア・カナダと戦略的パートナーシップ契約を締結しました。これにより、両社のネットワークを利用するお客様の選択肢を増やすとともに、旅行体験を向上させることが可能となりました。

エミレーツ航空とエア・カナダは、2022年内にコードシェアの開始を予定しています。エア・カナダのお客様は、アラブ首長国連邦およびドバイ以遠の目的地の選択肢が増え、エミレーツ航空のお客様は、トロントをはじめとするエア・カナダの主要就航都市へ行かれる際、より充実した旅行体験をお楽しみいただけるようになります。さらに、お客様は1枚の航空券で両社ネットワーク間の旅行が可能となり、それぞれのハブ空港でスムーズな乗り継ぎと最終目的地まで快適な手荷物移動をご利用いただけます。

エミレーツ航空社長ティム・クラーク卿は次のように述べています。「この重大なパートナーシップにより、我々のお客様はトロントと米国のゲートウェイを経由して、カナダとアメリカ大陸のより多くの都市にアクセスできるようになります。また、エミレーツ航空とエア・カナダの南北アメリカ、中東、アフリカ、アジアにおける広範なネットワークを通じて、多数の新しいルートの組み合わせが選択可能となります。我々は、北米の大手航空会社の一つであり、カナダのフラッグ・キャリアであるエア・カナダと提携できることを嬉しく思います。」

エア・カナダの社長兼最高経営責任者マイケル・ルソーは次のように述べています。「カナダの大規模な多文化コミュニティに応じた VFR (友人・親族訪問を目的とした旅行)の市場拡大に対応し、グローバルなリーチを拡大する戦略を追求し続ける中で、活気あふれる都市ドバイをハブとし、アラブ首長国連邦のフラッグ・キャリアとして高い評価を得ているエミレーツ航空と戦略的パートナーシップを結ぶことができ、大変光栄です。この戦略的合意により、ネットワークの相乗効果が生まれ、エア・カナダのお客様には、カナダーアラブ首長国連邦間およびドバイ以遠の目的地へ旅行する際に、さらなる利便性を提供します。また、エミレーツ航空の主要フライトにエア・カナダのコードシェアを導入し、エア・カナダの一部フライトにエミレーツのコードシェアを追加し、年内にエミレーツ航空のお客様をお迎えすることを楽しみにしています。」

両社は利便性をさらに高めるため、対象となるお客様にはマイレージプログラムや、ラウンジの相互利用を提供します。本提携の詳細およびコードシェア路線については、当局の承認および最終的な書類提出を経て、決定次第お知らせいたします。

エア・カナダについて
エア・カナダは、国内線、国際線を運航するカナダを代表するフラッグ・キャリアで、世界の最も広範な地域をカバーする空輸ネットワークであるスターアライアンスの創設メンバーです。英Skytrax社の調査では国際航空会社として北米唯一の4つ星ランクを誇り、2021年には同社の北米ベスト・エアライン・スタッフ、ベスト・エアライン・スタッフ・イン・カナダ、北米ベスト・ビジネスクラス・ラウンジ、COVID-19エクセレンスを受賞しました。また同年には、グローバルトラベラー誌の北米のベストエアラインに3年連続で選出されています。2021年1月には新型コロナウイルスに対応するための安全衛生対策プラグラム「Air Canada CleanCare+」でAPEXのダイヤモンドステータス認証を取得し、カナダの航空会社で唯一最高のAPEXランキングを獲得しました。また、エア・カナダは、事業全体における温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロにすることを目指しています。

エミレーツについて  
エミレーツ航空は、2002年に日本就航を開始。成田国際空港、東京国際空港(羽田)と関西国際空港からドバイをはじめとする世界各地へ、快適な空の旅を提供しています。2021年のワールド・トラベル・アワードでは、「リーディング・エアライン・ファーストクラス」「リーディング・エアライン-ブランド」「リーディング・エアライン・ラウンジ-ビジネスクラス」「リーディング・エアライン・リワード・プログラム」の4部門で受賞するなど、提供する商品やサービスで数々の賞を受賞しています。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram