エミレーツ航空、最後のA380型を11月受領

  • 2021年9月16日

 エミレーツ航空は7日、最後のA380型機を11月に受領すると発表した。

エミレーツ航空は、エアバス社から最後のA380型機を2021年11月に受領することを発表しました。当初は、2022年6月に最終機を受領する予定でしたが、納期が前倒しされ2021年中に受領することになりました。

今回受領する3機のエミレーツA380には、好評のプレミアム・エコノミー客室が搭載されるほか、ファーストクラスではプライベートスイートやシャワースパ、ビジネスクラスではフルフラットシート、人気が高い機内ラウンジなど、最新のエミレーツA380の客室インテリアおよび代表的な機能が装備されます。また全クラスの利用者は、業界最大級のラインアップを誇るエミレーツ航空の機内エンターテインメントシステム「ice」をお楽しみいただけます。

2021年11月に受領するA380を含めると、エミレーツ航空が保有するA380型機は合計118機に上ります。その内、プレミアム・エコノミークラスの座席が備えられている4クラス仕様のA380は計6機となります。

エミレーツ航空社長ティム・クラーク卿は次のように述べています。「我々はエアバス社との間で、残りのA380型機の受領を前倒しすることに合意し、このための資金を確保しました。これらの新機材には、高い人気を誇るプレミアム・エコノミーの座席が導入され、今後数ヶ月以内に本格的に運航を開始する見込みです。この先20年、エミレーツ航空はこの広々とした最新A380の航空機を最も保有する航空会社であり続けるでしょう。この先も製品とサービスを強化するために継続的に投資し、お客様に愛され続けるエミレーツA380の体験を提供できるよう努めてまいります。」

世界的に新型コロナウイルスのワクチンが普及し、渡航制限が緩和される中、エミレーツ航空は2021年10月以降、ドバイから多くの人気渡航先*に向けてA380型機を運航する予定です。
*アンマン、カイロ、デュッセルドルフ、フランクフルト、広州、ロンドン・ヒースロー、ロサンゼルス、マンチェスター、モーリシャス、モスクワ、ミュンヘン、ニューヨークJFK、パリ、トロント、ウィーン、ワシントンDC、チューリッヒ

現在、4クラス仕様のエミレーツA380は、ドバイ国際空港とロンドン・ヒースロー空港およびパリ・シャルル・ド・ゴール空港を結ぶ路線で運航しています。快適なプレミアム・エコノミークラスは、美しいクリーム・レザー・シートで足元にゆとりがあり、現在は出発当日に一部のお客様を対象にアップグレードで提供しています。なお、エミレーツA380の他のシグネチャーであるファースト、ビジネスおよびエコノミークラスの客室は、エミレーツ航空のホームページおよび旅行代理店を通じてご予約いただけます。
https://www.emirates.com/jp/japanese

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram