エイチ・アイ・エス、2019年ゴールデンウィークの予約状況と旅行動向を発表

  • 2019年1月16日

 エイチ・アイ・エスは11日、2019年ゴールデンウィークの予約状況と旅行動向を発表した。

株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 以下H.I.S.)は、2019年ゴールデンウィーク(2019年4月27日~5月5日出発 以下GW)の予約状況から、旅行動向について下記のとおりまとめました。

<海外旅行ランキング>

調査日:2019年1月9日 / 調査対象:H.I.S.の海外ツアー・航空券 / 対象出発日:2019年4月27日~5月6日
※前年同期対比、前年の順位は2018年1月9日時点のもの
※自由旅行とは、航空券のみ又は航空券とホテルなどの手配を組み合わせた予約のこと
※パッケージツアーとは、H.I.S.が主催し募集をかけた、旅の素材をパッケージした商品のこと

10連休の影響で前年同期比3倍超えの予約
今年は土日祝日のみで成り立つ10連休になるため、例年よりご予約のタイミングが数か月早く、現時点でご予約者数は前年比3倍超えで推移しております。旅行先においては、いずれの地区も前年比2倍以上で推移しており、特に、オセアニアは前年比6倍北米は5倍ヨーロッパは4倍と牽引しており、長期の休みであることが影響していると考えられます。人気出発日は4月が上位を占めており、出国のピークは4月27日・28日、帰国のピークは5月4日・5日と予想されます。平均単価は前年比で2割増と、連休における旅行消費は高いと想定されます。

人気急上昇は長距離路線の都市が占める
予約伸び率においては、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパといった長距離路線の渡航先が高い伸びをみせました。1位になったケアンズは世界遺産の大自然や動物など、小さなお子様も安心して楽しむことができる旅先として人気です。今年は例年より数か月早く商品の発表を行ったことから、早期のご予約につながりました。2位と3位にはアメリカの都市がランクインしました。前年よりも1日長い日程にされる方が多く、6~8日間と連休を活用される傾向がみられます。

調査日:2019年1月9日
調査対象:H.I.S.の海外ツアー・航空券
※予約数100名以上より抽出
対象出発日:2019年4月27日~5月6日

関連する記事

JR東日本、東海、西日本、九州の上場4社の2019年3月期連結決算(2018年4月1日~2019年3月31日)が出そろった。インバウンドの拡大など旅客収入が増加し、売上高…

続きを読む

全国旅行業協会(ANTA)は、「令和元年度旅行業務取扱管理者定期研修」を7月3日の東京を皮切りに全国で開催する。選任された旅行業務取扱管理者は、その職務に関し必要な知識…

続きを読む

日本旅行は、「赤い風船」でファミリー向けサマー商品を順次発売している。 株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘)は、国内パッケージブランド「赤い風…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube