インフレ手当 4社に1社取り組む 一時金平均5万円

  • 2022年12月16日

 帝国データバンクはこのほど、全国の企業を対象にインフレ手当についての実態アンケートを行った。従業員に対して物価高騰に対応する特別手当(インフレ手当)を支給した企業割合は6.6%。「予定」「検討中」を含めると26.4%と、およそ4社に1社が同手当に取り組んでいることが分かった。支給額の平均は、一時金でおよそ5万3700円、月額手当で同6500円。

 インフレ手当について、「支給する予定はない」が最も多く、63.7%。以下、「支給していないが、検討中」14.1%、「分からない」9.9%、「支給した」6.6%、「支給を予定している」5.7%。

 「支給した」「支給を予定している」「支給していないが、検討中」を合わせると26.4%と、およそ4社に1社が同手当に取り組んでいる。

 既に支給した企業から「物価の高騰が続き、社員やパート社員の生活が困窮しないように一時金を全従業員に支給」「物価高騰の中で少しでも社員のモチベーションアップにつながればよい」「食費、光熱費などの負担増は現実問題であり、人材流出の防止策としても実施する予定」などの声が上がった。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram