インバウンド客数、8月は21%増・248万人で過去最高~中国が初の80万人超え

  • 2017年10月12日

 日本政府観光局(JNTO)が9月20日に発表した今年8月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比20・9%増の247万8千人で、8月の最高値を更新した。中国が全市場を通じて初めて80万人を超え、月間で過去最高を記録。多くの市場で夏季休暇のシーズンを迎え、訪日需要全体として堅調に推移した。

 政府のビジット・ジャパン(訪日旅行促進)事業の重点20市場のうち、月間最高を記録した中国のほか、インドネシア、イタリア、ロシア、スペインを除く15市場が8月の過去最高を記録した。

 中国は21・1%増の81万9700人。伸び率は今年2月から1桁が続いていたが、7カ月ぶりに2桁を回復した。個人旅行の増加、クルーズ船の寄港数増加や乗船率上昇などが要因とみられる。

 観光庁の田村明比古長官は同日の会見で、中国市場について「個人観光の1次ビザ(査証)、5月に発給要件を緩和した数次ビザの発給が増えていると聞き、急速な個人旅行化の中でプラスに働いた」と指摘した。

 中国以外の東アジア4市場も好調だった。韓国は35・3%増の62万900人、台湾は13・4%増の37万7800人、香港は23・5%増の19万6800人。LCC(格安航空会社)、チャーター便を含む航空路線の拡充が訪日客数を押し上げた。

 欧米豪の市場は、米国が3・6%増の9万2千人、豪州が14・5%増の2万2200人、フランスが3・9%増の2万4600人など。東南アジアは、タイが4・4%増の3万6200人、ベトナムが43・6%増の2万4700人など。

関連する記事

中小機構は、「はじめて英語で海外ビジネス(全3回)」セミナーを無料開催する。 独立行政法人中小企業基盤整備機構中国本部(略称:中小機構中国、所在地:広島県広島市、本部長…

続きを読む

水陸両用バス「YAMANAKAKO NO KABA」は、「春節熱烈歓迎キャンペーン」を実施している。 富士急山梨バス株式会社(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町、取締役社長…

続きを読む

中部国際空港は、訪日外国人向けの「高山特集ページ」を公開した。 中部国際空港株式会社は春節時期に急増する訪日外国人向けに、人気のスポット「高山」の特集ページを公開。訪日外…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?