みなかみ町、コロナ対策で宿泊客に3000円分の商品券 

  • 2020年4月13日

 群馬県みなかみ町で1日から、町内の飲食店など約160店舗で使える3千円分の商品券を、旅館・ホテルの宿泊客に配布する宿泊プランがスタートした。新型コロナウイルスの感染拡大で客足が減少、「手をこまねいたまま静観を続けていることは観光地としてさらなる落ち込みを進めてしまう」と危機感を強める町観光協会。大胆な手で集客に努める。

 このプランは「みなかみオアシスリフレッシュ宿泊プラン」。宿泊した大人の客全員に飲食店や土産店、アウトドアなどで使える「町商工会商品券」3千円分を進呈する。例えば、大人4人で泊まった場合、1万2千円となり、町の中でこの金額が消費されれば活性化につながるというわけだ。

 町は3千万円の予算を確保。自治体、観光協会がそれぞれ1千万円を負担し、参加宿泊施設は3千円分の商品券を購入する際に千円を負担して購入するかたちとなる。初めての試みで、「観光で町を支えるべく、一丸となって実現したプラン」という。

 販売期間は5月31日までで、5月2~4日は除外する。利用できるのは9月末まで。

 ターゲットは県内や町内の人で、「近くにいながら、観光でみなかみに来たことがない人などに使ってもらい、口コミで(みなかみの)良さが広がってくれれば」と期待する。3日現在、14件ほどの申し込みがあり、出足は順調だ。

 参加施設は、▽みなかみホテルジュラク▽金盛館せゝらぎ▽ペンション木馬▽蛍雪の宿尚文▽水上高原ホテル200▽民宿関ケ原▽旅館永楽荘▽湯もりの宿辰巳館▽みねの湯つきよの館▽湯本長生館▽旅館しんでん▽ホテル湖城閣▽豆富懐石猿ヶ京ホテル▽料理旅館樋口

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram