みなかみホテルジュラクの戦略・投資紹介 

  • 2019年7月25日

リョケン「旅館大学セミナー」に150人

 旅館・ホテルの設備投資や改装工事、社員研修、販売促進などのコンサルティングを行うリョケン(静岡県熱海市、佐野洋一社長)は10、11の両日、群馬県みなかみ18湯水上温泉のみなかみホテルジュラクで「旅館大学セミナー」=写真=を開講した。163回目となるセミナーには、全国から旅館経営者、幹部ら約150人が参加。みなかみホテルジュラクの戦略を紹介する講座などを行った。

 会場となったみなかみホテルジュラクは、昨年10月にリニューアルオープン。「リブランディング&リボーン計画」の第1弾として、総投資額14億5千万円の大規模リニューアルと耐震補強工事を実施し、全107室中36室のリニューアルや、ブッフェダイニング「KAWATONE」の新設をした。

 セミナー初日の10日には、改装した客室、新設したダイニングを中心に館内見学が行われた。冒頭、リョケンの佐野社長は「ジュラクは昔からバイキングが有名だった。リニューアルでは『作りたて』の提供を特に意識したライブ感あるオープンキッチンを整備した。その他の投資箇所も、団体から個へのリボーン・リブランディングがテーマとなっている」とあいさつした。

 講演では、同館加藤治社長が「みなかみホテルジュラクの新戦略展開と設備投資の目的と概要」をテーマに施設改装の経緯などを紹介。団体から小グループ、ファミリー、女性の宿泊客などへのニーズ変化に対応するリゾート施設のリボーン戦略の背景と今後の課題を語った。「バブル時代などを経て令和の時代となった。業界の在り方、旅館・ホテルの立ち位置が大きく変化している。当館は投資を経て、2024年の100周年に向けまい進している。参加者にも実施した投資を参考にしてもらえれば」と加藤社長。

 続いて「販売戦術と運営改善への取り組み」をテーマに、同ホテルの経営改善委員会によるパネルディスカッションを実施。「販売促進」「サービス運営」「レストラン運営」について、KPI、売上高の推移など具体的な数値を交え議論した。

 2日目の11日には、リョケンによる「4軒の事例から学ぶ『自活経営』のヒント~自らの活路を切り拓くための取り組み手法を徹底研究~」と題した講演会が実施され、「生産性向上」「商品力強化」「人材・組織」など、実際の取り組みや成果を具体的に紹介した。

 次回の旅館大学セミナーは、今年12月11~12日の2日間の日程で、山口県長門湯本温泉の大谷山荘で開催される。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram