ひがし北海道自然美への道DMO、交通も補うサブスクなどPR

  • 2022年5月20日

野竹専務理事

 ひがし北海道自然美への道DMO(上野洋司会長)は4月27日、コロナ禍からの復活を目指した取り組みの紹介を行う「ひがし北海道観光素材説明会~今こそひがし北海道へ~」を東京・品川の品川プリンスホテルで開いた。今年度下期に向けて地域の弱点であった2次交通を整備する交通と、体験のサブスクリプション(定額制)サービスの販売の紹介や、道東の自治体、観光関係者と旅行会社やメディアによる商談会を行った。

 冒頭、同DMOの野竹鉄蔵専務理事は「知床遊覧船の事故について、皆さまに心配をかけている」と、4月23日に知床半島沖で観光船が沈没した事故について説明し、亡くなった人への冥福を祈るあいさつを述べた。

 今後については、「これまで知床頼みで動いていたが、今後は厳しい状況が予想される。だが一方で、交通だけでない地域の魅力、観光体験まで含めた新しい展開のサブスクリプションサービスなど、中期的に期待ができる商材がある。先を見据え、ビジネスにつながる展開は継続している」と語った。

 説明会では、同DMOの阿部誠事務局長がコロナ後を見据えた「リセット×アフター×サステナブル」な道東での旅行の在り方や、最新の市場調査データ、商品造成について紹介した。

 市場調査データの紹介では、道東への来訪歴がある人に強い地域であることを強調。

 今後の北海道旅行で最も行きたい場所を尋ねたアンケートでは、リピーターからは十勝川温泉や野付半島氷平線、川湯温泉、まだ訪れていない人からは網走流氷クルーズや紋別ガリンコ号、釧路川カヌーへの来訪意欲が高いことを披露した。阿部事務局長は「回を重ねるたびに、冬季、アクティビティコンテンツが好まれる傾向にある」と語った。

 商品造成では、道東内の入場観光施設や北海道ならではの自然体験メニュー、食事、温泉利用などが利用できるサブスクリプション電子パスポート「ひがし北海道まるごと体験パスポート」を説明。22年1~3月での使用結果を踏まえ、新たな仕様で22年度冬も継続することを発表した。

 同商談会は、4月26日は大阪、4月28日は札幌でも開催された。


野竹専務理事


商談会の様子

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram