おもてなし検定 1級の合格者3人が和田長官を表敬訪問

  • 2022年11月22日

表敬訪問した観光庁で記念撮影をした1級合格者ら(左から、大西会長、小早川さん、片山さん、宮川さん、和田長官、桑野委員長)

 日本旅館のおもてなしによる接遇力の向上や人材育成を目的とする業界検定「日本の宿おもてなし検定」。その今年度の1級合格者3人が11日、観光庁の和田浩一長官を表敬訪問した。

 同検定は、日本旅館協会と全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、JTB協定旅館ホテル連盟が主体となって設立した「日本の宿おもてなし検定委員会」が2009年度から実施。22年までの累計合格者数は3級(14回)が2万5498人、2級が(13回)7116人、1級(6回)が24人。

 1級合格者3人は和田長官と対面。藤井荘の宮川真理子さんは「1級試験は合格者数が少なく、厳しい試験だが、今まで学んできたことを自信を持ってやったことが合格につながったのでは」と話した。稲取銀水荘の小早川泰子さんは「社内中から『おめでとうございます』と毎日、誕生日のように祝われている」と笑った。「仕事のメインは接客で、後輩の指導もしている」という下部ホテルの片山杏菜さんは、「幻の大豆『あけぼの大豆』の収穫体験ができる宿泊プランもある」と自館の取り組みも宣伝した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram