いちご、横須賀に観光新拠点 テーマは「三浦半島の食」

  • 2022年11月20日

食で横須賀の魅力を発信する石原副社長(右)

 総合不動産事業やクリーンエネルギー事業を展開するいちごは10月28日、地域に根差した新たな食の発信拠点「いちご よこすかポートマーケット」を神奈川県横須賀市でリニューアルオープンした。「三浦半島フードエクスペリエンス」がテーマ。料理、サービス、食空間、マルシェ、食育、環境問題、社会貢献まで、「食」を中心にあらゆる体験を提供する。

 同施設は、2013年に私有地の冷凍倉庫を改装してオープン。19年に営業を終了したが、横須賀の新たな食、観光を発信する場として、運営する事業者の公募・選考が行われ、いちごが採択された。館内の売り場面積は以前の約2倍に拡大。海に面したデッキやイベントスペースが新たに設けられたほか、デザイン、テナントを一新している。立地は、京急線横須賀中央駅から北方面に徒歩約10分。

 館内には、ネイビーバーガーやクラフトビール、スイーツなど、横須賀グルメを提供する16の地元で人気な飲食店が出店。各店で提供される商品には、地元の食材が必ず1品使われている。このほか、地元JAと連携して仕入れられたキャベツなど農産品、三浦半島が誇るマグロなど水産品など特産品が購入できる店舗や、ワークショップなどが行えるキッチンが設けられている。

 10月25日には内覧会を開催。同社の石原実取締役執行役副社長兼COOは「よこすかポートマーケットは、『食体験×地域活性化×PPP(官民連携)』のプロジェクトの中、食で五感を刺激、そして未来を考える施設としてリニューアルオープンした。首都圏から約1時間半の立地を生かしながら、さらなる地域内連携や、施設内でのナイトライフの充実を図りながら、国内外からの誘客拡大を図る」と話した。初年度の誘客目標人数は100万人を掲げる。


食で横須賀の魅力を発信する石原副社長(右)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram