【風呂じまんの宿】源泉湯の宿 松乃井(群馬県・水上温泉)

  • 2017年12月4日

蛍あかりの湯

底から湧き上がる「生」温泉

 群馬県の水上温泉、源泉湯の宿松乃井(戸澤千秋社長)は、四つの自社源泉を有している。湯は弱アルカリ性のすべすべとした質感が特長。湯量は毎分458・1リットルと、その豊富さは水上随一を誇る。

 源泉をできるかぎり外気に触れさせないよう、湯殿の底から直接湧き上がらせることで温泉の鮮度を保っている。この源泉かけ流しの温泉を、松乃井は「『生』温泉」と表現し、大切に守っている。

 この生温泉を十分に堪能できる三つの露天風呂・大浴場を備える。

 「月あかりの湯」は、常連客も多く、併設のナッピングルーム(サウナ)に本を持ち込み、思い思いの過ごし方を楽しむ人も多い。

 「蛍あかりの湯」は、見え隠れする「蛍」がテーマ。1年中淡いあかりの暖かみを表現した。

 「火あかりの湯」は、夜間に「たいまつ」をイメージした揺らめく火のような照明が周囲を照らす。

 貸し切り露天風呂は二つ。「星空の湯」は、家族やカップルなど小グループが生温泉を満喫するのにぴったり。「カンテラの湯」は、照明をカンテラ風にして幻想的な雰囲気を醸す。

 全ての風呂は「めぐり湯回廊」でつながり、館内を経由しなくても回廊を通ってさまざまな風呂に足を運ぶことができる。敷地内には、谷川岳からの地下水が6カ所の滝を作り、1万坪の日本庭園が水上の自然の美しさを表現している。

 料理にもこだわった松乃井は、群馬県から「地産地消推奨の宿」の称号を得て、地元食材の魅力を追求し続けている。温泉と料理に心のこもったサービスが加わり、スタッフ一同「おもてなしの心」で日夜業務に当たっている。

▽群馬県利根郡みなかみ町湯原551。TEL0278(72)3200。http://www.matsunoi.com/


蛍あかりの湯


カンテラの湯


関連キーワード

関連する記事

観光経済新聞電子版2010年1月1日号~最新号の記事が全て読める! 観光経済新聞電子版(PC版) 観光経済新聞電子版(スマホ版)

続きを読む

コンパクト設計で容量41リットル 三菱電機エンジニアリング(本社・東京都千代田区)が販売している「40リットルタイプ電子冷蔵庫」は、静音性に優れるペルチェ方式の電子冷蔵庫…

続きを読む

眺望抜群の空中庭園露天風呂 栃木県・鬼怒川温泉の老舗旅館、あさや(八木澤哲男社長)は、自家源泉「子宝の湯」を所有し、豊富な湯をたたえた多彩な風呂が人気だ。 湯はアルカリ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!