【速報】中国最大手OTAのシートリップ、北海道・北海道観光振興機構と連携協定を締結

  • 2018年9月3日

 中国最大手OTAのCtrip(シートリップ)は3日、北海道・北海道観光振興機構と連携協定を締結した。

Ctrip.com International, Ltd.(本社:中国・上海、CEO:孫 潔、以下「Ctrip」)は、2018年9月3日(月)、北海道及び公益社団法人北海道観光振興機構と、海外からの誘客促進等に関し、連携協定を締結しました。北海道が海外の企業と連携協定を締結するのは本件が初の事例となります。

協定の締結は9月3日、北海道庁本庁舎にある知事会議室で行い、はるみ北海道知事と、公益社団法人北海道観光振興機構会長堰八義博氏、Ctrip高級副総裁孙波(スン・ボウ)の3者が出席しました。

 

 

北海道は、2020年度を目途に外国人観光客500万人の来道を目標として掲げています。近年、個人旅行(FIT)が増加傾向にある中、個人客の取り込みが重要であることから、中国最大手のオンライン旅行会社であるCtripと連携し、誘客促進に取り組んでいくこととなりました。

今回の協定締結に基づく、主な取り組みは下記の通りです。

<連携協定に基づく主な取組>

(1)中国市場などでの共同プロモーション
・Ctripが運営するHP等の媒体、Ctripのパートナー企業、双方のSNSなどで北海道の観光情報を発信。
・共同で招聘事業を実施。

(2)観光案内所での観光情報の提供等
・Ctripが道内に設置する(予定)観光案内所での観光情報の発信やイベントの開催

(3)マーケティング・リサーチ
・入込や観光関連データの共同マーケティング・リサーチ

(4)道内宿泊施設への誘客促進

・道内宿泊施設への誘客を促進するためのセミナー開催など

関連する記事

主に中華圏を中心とした、アジア各国からの誘客に力を入れてきた「昇龍道プロジェクト」だが、欧米豪からの個人旅行客へのアプローチを強めようと、2月25日、名古屋市でシンポジウ…

続きを読む

国土交通省はこのほど、2018年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値)を発表した。旅客数は前年比3.3%減の244万6千人となったものの、寄港回数は同5.9…

続きを読む

JR九州・由布市まちづくり観光局・ヤマト運輸、福岡~由布院間における「手荷物当日配送サービス」を試行実施する。実施期間は2月15日から5月31日まで。 このたび、一般社団…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube