【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 502】2020年に持続的成長するための指針4 アルファコンサルティング代表取締役 青木康弘

  • 2020年1月25日

 前回に引き続き、変調が懸念される2020年においても持続的成長するためのポイントを紹介しよう。19年はインバウンドの減速基調、客室の供給過多による足元の稼働率低下、金融機関の態度硬化が見られるようになった。変化に対応できず足をすくわれないよう気を付けたい。

 7、健康志向の高まりに対応する

 消費者の食に対する健康志向は年々高まりを見せている。昨年、日本公庫が現在の食の志向について消費者アンケートを実施したところ、「健康志向」との回答が46.6%と過去最高となり、次いで「経済性志向」(36.9%)、「簡便化志向」(31.2%)となった。価格の安さよりも健康への配慮を求めるようになった証左と言えよう。

 実際に、コンビニやファミレス、居酒屋で商品を注意深くチェックすると、高タンパク質、低糖質をうたったものが大幅に品ぞろえを増やしていることが分かる。

 また、フィットネスジムの尋常でない混雑ぶりを見ると、消費者が肥満防止や健康づくりにいかに高い関心をもっているかが分かる。

 旅館・ホテルの料理も、量や品数、豪華食材をアピールしても評価が得られない時代になってきた。客層によっては高タンパク質、低炭水化物を基本としたダイエット志向のものに見直すことが望ましいだろう。

 8、泊食分離に積極的に対応する

 外資系のOTAやホテルチェーン、ランドオペレーターなど、日本の宿泊業の商習慣にとらわれない企業が存在感を増している。このような企業と積極的な取引を進めるならば、料金体系を泊食分離したものに見直していく必要があるだろう。

 これまでの1泊2食のプラン料金を見直さずに、海外OTAやランドオペレーター向けのプランを追加すると、プランごとの料金・内容の逆転現象が起きたり、異常に高価格で競争力のないプランになったりすることがあるので注意したい。

 泊食分離を進めるための具体的なステップや計算方法は本コラムのバックナンバーを参照してほしい。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram