【調査データ】冬のボーナスと旅行に関する調査 クルック調べ


 クルックは11月29日、冬のボーナスと旅行に関する調査の結果を発表した。

旅行・レジャー予約サイトのKlookは、国内ユーザー2,796名を対象に「冬のボーナスと旅行」に関するアンケート調査を実施しましたので、結果を発表します。

調査名:冬のボーナスと旅行に関する調査

調査方法:インターネット調査

調査期間:2023年11月22日〜11月26日

有効回答数:2,796

【調査結果まとめ】

  • 回答者の48.8%がこの冬ボーナスをもらう予定と回答、うち73.9%がこの冬旅行に行く予定。2023年6月にKlookが実施した「夏のボーナスと旅行に関する意識調査*」では夏のボーナスで旅行に行く人の割合は84.2%だったため、旅行に行く人の割合は10ポイント以上下がった。
  • この冬旅行に行く予定の人のうち、国内・海外両方行く予定の人と合わせると海外旅行に行く人は6割以上となった。前回の夏のボーナス調査では海外旅行に行く人の割合は6割未満だったため、海外旅行に行く人の割合はやや増えた。
  • この冬の国内旅行予算は3〜5万円未満が33.4%、海外旅行予算は5万円〜10万円未満が22.7%で最多
  • 子の冬の国内旅行先として北海道が1位、沖縄2位と順位は夏ボーナス調査時と入れ替わったが、ツートップとしては変わらず。
  • 子の冬の海外旅行先として1番人気は今回も韓国、次いでタイ、台湾。ただし、前回の夏のボーナスと旅行に関する調査ではランク外だった香港が5位に躍進。
  • 海外旅行先を選ぶポイントとしては「旅費や現地の物価」が25.0%と今回も1位

今回の調査では約半数の方がこの冬ボーナスをもらう予定と回答し、うち7割以上はこの冬旅行に行く予定と回答しました。さらにその6割以上は海外旅行を予定していました。一方で、行き先選びには「旅費や現地の物価」をポイントとして上げる人が最も多い結果となりました。ボーナスをもらい海外旅行に積極的な人も、やはり円安や物価高の影響を気にする傾向は引き続き強い模様です。

*Klookの「夏のボーナスと旅行に関する調査」(2023年6月実施)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000029470.html

【調査結果詳細】

Q. この冬、お勤め先からボーナスをもらう予定ですか?(あるいはすでにもらいましたか?)(n=2,796)

はいと答えた人は48.9%、いいえは42.7%、わからないは8.4%となり、ボーナスをもらう人が約半数という結果でした。

Q. 冬のボーナスでこの冬(2023年12月〜2024年2月)に旅行に行く予定はありますか?(n=1,601)

ボーナスをもらう予定がある人のうち、この冬旅行に行くと回答した人は73.9%でした。

Q. この冬に旅行に行く予定がある方は、国内ですか?海外ですか?(n=1173)

冬のボーナスでこの冬に旅行を予定している人のうち、58.2%は海外、31.6%は国内、9.4%が国内旅行と海外旅行の両方を予定していると回答し、国内・海外両方に行かれる方を合わせると海外旅行を予定している人は6割以上となりました。

国内 31.6%
海外 58.2%
国内・海外両方 9.4%


Q. 国内旅行に行く予定の方は、1人当たりの旅行予算を教えてください。(n=485)

この冬の国内旅行の旅行予算として最も多いのは3万円〜5万円未満の33.4%、その次に多い予算帯は5万円〜10万円未満の30.9%という結果となりました。

3万円未満 24.3%
3万円〜5万円未満 33.4%
5万円〜10万円未満 30.9%
10万円〜15万円未満 7.0%
15万円〜20万円未満 2.1%
20万円〜25万円未満 1.0%
25万円〜30万円未満 0.4%
30万円以上 0.8%

Q. 海外旅行に行く予定の方は、1人当たりの旅行予算を教えてください。(n=799)

ボーナスでこの冬海外旅行に行く予定の人の旅行予算は、5万円〜10万円未満が31.7%と最も多く、次いで10万円〜15万円未満が22.7%、15万円〜20万円未満が16.1%でした。国内旅行と比較するとやはり全体的に予算が上がるものの、海外旅行でも5万円〜10万円未満という予算帯が割合としては一番多く、海外旅行も実は国内旅行と変わらない予算で楽しんでいる人が多いということが判明しました。

3万円未満 1.4%
3万円〜5万円未満 5.9%
5万円〜10万円未満 31.7%
10万円〜15万円未満 22.7%
15万円〜20万円未満 16.1%
20万円〜25万円未満 6.5%
25万円〜30万円未満 6.5%
30万円以上 9.3%

Q.  国内旅行に行く方は、どこに行きたいですか?または行く予定ですか?(3つまで)(n=485)

この冬ボーナスで国内旅行に行く予定の人の旅行先は1位北海道、2位沖縄の2地域が変わらぬ人気。東京と大阪が続きました。夏のボーナス調査では沖縄と北海道がそれぞれ30%以上でダントツ人気だったことを踏まえると、今回はやや分散化の傾向が見られます。

1 北海道 12.6%
2 沖縄県 12.0%
3 東京都 7.5%
4 大阪府 7.2%
5 京都府 5.1%
6 福岡県 4.1%
7 長野県 3.6%
8 千葉県 3.4%
9 神奈川県 3.0%
10 兵庫県 2.5%

Q. 海外旅行はどこに行きたいですか?または行く予定ですか?(3つまで)(n=799)

この冬のボーナスでこの冬海外旅行に行く人の人気の旅先は、1位韓国、2位タイ、3位台湾、4位ベトナム、5位香港となりました。1位〜3位は夏の調査時と変わらぬ人気でしたが、ハワイが順位を落とし、前回ランク外だった香港が5位に浮上しました。香港政府観光局の航空券無料プレゼントキャンペーンや、今年11月に世界に先駆けてオープンした香港ディズニーランドの新エリア「アナと雪の女王」の注目度が高まっていることが影響していると考えられます。

1 韓国 17.7%
2 タイ 12.8%
3 台湾 12.1%
4 ベトナム 7.5%
5 香港 6.7%
6 シンガポール 4.5%
7 その他 4.3%
8 ハワイ 4.0%
9 インドネシア 3.7%
10 アメリカ本土 3.3%

Q. 今回の海外旅行先を選ぶにあたって、気にしているポイントは何ですか?(3つまで)(n=799)  

この冬海外旅行に行く予定の方に旅先を選ぶポイントを聞いたところ、「旅費や現地の物価」が25. 0%と他を大きく上回る結果となりました。2位「興味のある観光地・アクティビティがある」が16.6%、3位「現地の食事が楽しめる」と「現地の治安」が同列で13.6%、5位「日本からの近さや行きやすさ」が12.5%と続きました。

1 旅費や現地の物価 25.0%
2 興味のある観光地・アクティビティがある 16.6%
3 現地の食事が楽しめる 13.6%
4 現地の治安 13.6%
5 日本からの近さや行きやすさ 12.5%
6 現地の公共交通機関が発達していて、自力で旅行しやすい 7.8%
7 現地の衛生状態 4.7%
8 現地を訪れるのにベストシーズンである 3.8%
9 その他(自由記述) 1.3%
10 日本語が通じるホテル、レストラン、ツアーが多い 1.2%

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒