【観国之光 444】大河ドラマ館 来館し経済を回そう 観光経済新聞 論説委員 内井高弘


光る君大河ドラマ館の一つ、びわ湖大津の会場(石山寺明王院)

 女優の吉高由里子さん(35)主演のNHK大河ドラマ「光る君へ」が始まった。世界最古の小説とされる源氏物語を書き上げた紫式部が主人公だ。

 第2話(1月14日)の平均世帯視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、同じ時間帯の番組の中ではトップだったという。

 初回(7日)の視聴率は12.7%。1989年「春日局」の14.3%を下回り、大河初回歴代最低という不名誉な記録だった。第2回も高いとはいえないが、ドラマ自体の評価は決して悪くはない。

 ただ、やたら藤原姓が多く、X(旧ツイッター)では「登場人物の名前が覚えられない」という投稿も少なくない。筆者も同様だ。時代背景もうろ覚えなだけに、いまひとつドラマに入り込めないのが情けない。

 大河ドラマの舞台となった地域には多くの観光客が訪れ、集客効果は高い。その一翼を担うのが大河ドラマ館だ。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒