【観国之光 394】インバウンド復活 気になるマスク着用 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年10月24日

インバウンド市場が活気を取り戻しつつある(写真と本文は関係ありません)

 新型コロナウイルスの水際対策が11日、ようやく大幅緩和された。外国からの個人旅行の入国が解禁され、「1日当たり5万人」としていた入国者数の上限も撤廃。68カ国・地域を対象にした短期滞在ビザ取得も免除された。入国の条件はワクチン3回目の接種証明か、出国前検査での陰性証明書のいずれかを提示するだけになった。

 ほぼコロナ禍前の状態に戻ることになり、経済界や観光業界からは「さあこれから」という期待の声が上がる。円安もインバウンド市場に追い風となりそうだ。

 コロナ禍を経験して、外国人旅行者の日本に対する見方、求めるものに変化が出ているのかどうか気になるところだが、ニュース映像などを見る限り、大きな変化はないようだ。それで安心してはいけないのだが…。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram