【観国之光 383】大阪・関西万博まで1000日 コロナ禍が気がかりだ 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年8月1日

公式キャラクターの愛称は「ミャクミャク」に(大阪・関西万博協会の報道提供資料から)

 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕まであと千日となった7月18日、東京と関西で記念イベントが開催された。もうそんな時期なのかと思う一方、その時はコロナ禍が終息していてほしいと切に願う。

 18日には公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決まったと発表された。3万3千点を超える応募から選ばれたとか。歴史や伝統、文化を脈々と受け継ぐ思いを込めたほか、万博のテーマ「命」を連想させる脈音で表現したという。

 公式キャラは、水の都・大阪にちなみ、さまざまな形に変化する水と、万博の赤いロゴマークを一体化したデザインが特徴的だ。公表された時は奇抜なデザインに賛否両論があったが、インパクトは十分で、一度見たらなかなか忘れられない。

 選考委員会の仲畑貴志座長(コピーライター)は「愛称は作るというより育てられていくもの。万博の進捗(しんちょく)とともに愛され育んでいただけるように」とコメントしている。あまり目くじらを立てないで、ミャクミャクと応援したい。

 東京都内での記念イベントには岸田文雄首相も出席し、「成功に向けて自治体や経済界、多くの国民に協力をいただき、政府一丸となって準備を進めたい」と述べた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram