【観国之光 365】日本人選手の活躍 冬スポーツ界に追い風吹くか 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年3月21日

コロナ禍もあってスキー場経営は難しいかじ取りを強いられている(写真と本文は関係ありません)

 第13回冬季パラリンピック北京大会の閉会式が13日、国家体育場(通称・鳥の巣)で行われた。これで北京五輪・パラリンピックの全日程が終了した。
 新型コロナウイルスが世界にまん延する中でのスポーツの祭典に注目が集まったが、中国の人権問題を理由にした外交的ボイコットやあやふやなジャッジ、そしてパラリンピック開幕前にロシアがウクライナに侵攻するなど、世界的イベントを素直に喜べぬ事態も多々あった。

 そんな中、日本選手団の活躍が光った。冬季五輪の獲得メダル数は過去最多を更新し、18個(金3、銀6、銅9)のメダルをつかんだ。パラリンピックでも長野大会(1998年)に次いで多い4個の金メダルに輝き、合計は7個だった。

 選手の活躍はウインタースポーツの素晴らしさ、魅力を再認識させたが、日本の現状は楽観視できない。

 例えば、スキー・スノーボード人口。レジャー白書によると、19年は510万人となり、最盛期だった1998年(1800万人)の3割弱まで落ち込んでいる。近年の温暖化による降雪不足や外国人スキーヤー・スノーボーダーの減少が追い打ちをかける。

 スキーヤー・スノーボーダーの減少は周辺の宿泊施設や飲食店の売り上げを左右するだけに、観光業界にとっても無関心ではいられない。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram