【観国之光 359】大河ドラマ館 知恵と工夫で展開を 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年2月7日

伊豆の国市の韮山時代劇場にオープンした大河ドラマ館。KNTが運営し、「鎌倉殿の13人」の世界観を伝える。観光客の増加が期待される

 61作目となるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(三谷幸喜脚本、小栗旬主演)が好調だ。1月30日に放送された「矢のゆくえ」の平均視聴率(世帯)は15・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したという。

 鎌倉殿は鎌倉幕府将軍で、13人は2代将軍・源頼家のもと合議制で政治を進めようとする、頼朝以来の古参の家臣団のこと。野心とは無縁だった小栗旬扮する主人公・北条義時がいかにして武家の頂点に上り詰めていくのかを描く。

 大河ドラマは観光振興とも関わりが深く、舞台となった地域には多くの観光客が訪れる。その目玉となるのが大河ドラマ館で、北条家ゆかりの地である静岡県伊豆の国市には「鎌倉殿」の世界観を伝える施設が15日、韮山時代劇場(文化センター)にオープンした。市在住の女優・藤田弓子さんが名誉館長に就任。

 運営するのは近畿日本ツーリスト(KNT)で、小栗さんらが着用した衣装や小道具の展示、メイキング映像なども上映されている。来年1月15日まで設置。同社は「にぎわいを創出し、地域活性化に貢献したい」と意気込む。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram