【観国之光 343】頻発する自然災害 強靭化議論を進めよう 本社論説委員 内井高弘

  • 2021年8月30日

自然災害の被害を減らすには防災・減災の取り組みが不可欠だ(写真と本文は関係ありません)

 8月11日ごろから始まった前線の停滞に伴う大雨は、九州や中国地方を中心に特別警報が何度も出され、各地で浸水被害が相次いだ。冠水する市街地、土石流で埋まる道路や鉄道、濁流に流される橋や自宅などのニュース映像を目の当たりにすると、居たたまれない気持ちになる。

 気候変動の影響などで今後も大雨が頻発するといわれる。堤防の強化など社会インフラの整備が遅れているのか、同じ地域で被害が繰り返されている気がしてならない。災害に見舞われる観光地や宿泊施設の恐怖、無力感は察して余りある。

 豪雨や台風、地震など、自然災害の起きる確率が高まっている。国民の生命や財産を守る対策の強化は政府の責務であり、防災・減災の取り組みは一層重要になっている。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram