【観光DX特集】アイディディ・ソフトウエアのリテール業務支援システム「アイディディ・トラベルワーカー」

  • 2022年8月22日

トラベルワーカーのトップページ

観光協会などでも採用進む

 アイディディ・ソフトウェア提供の「アイディディ・トラベルワーカー」は、中小旅行会社向けのリテール業務支援システム。グーグルのクラウドサービスを利用するため初期費用と月額保守料が不要。月額のアカウント料のみで使えるほか、インターネット環境さえあればどこからでも操作できる。導入実績は全国で300社以上。旅行会社に加え、観光協会などにも採用されている。

 長崎県の佐世保観光コンベンション協会も2014年からトラベルワーカーを導入。同協会は、旅行業免許を取得し、佐世保エリアの観光資源を生かした着地型旅行商品などの企画、運営、販売を行っている。旅行業を開始した当初は、Excelを使って顧客管理や手配、精算業務などすべてを手作業で行っていたが、実施数が積み重なっていくとともに、作業のボリュームが増え管理に不安を抱えていた。

 そこで、旅行業システムの導入を検討し、数社の中からトラベルワーカーを選んだ。「操作性がシンプルで使い勝手がいい」と案内販売チームリーダーの寺岡香奈枝氏。「コストが安価な上、サポート体制も充実している」と評価する。

 旅行商品以外にもキャラクターグッズなどの物販も手掛けているがこれもトラベルワーカーで管理。以前は売り上げ金額の照合などは毎日、手作業で行っていたが作業が煩雑で苦労していた。今では「集計機能」を活用し業務の簡素化につなげている。

 協会のHPリニューアルに際し、オプションの「WEB連動 募集型企画旅行システム」も導入し、現地発のツアーでこのシステムを活用。予約が入ると同時に顧客情報や予約が完了するため作業の短縮に成功。また「WEB上と合わせて在庫管理ができるうえ、24時間予約を受け付けるなどメリットが多い」と寺岡氏。

トラベルワーカーのトップページ

株式会社アイディディ・ソフトウェア | 旅行業務支援システム


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram