【観光経済新聞社×DIマーケティング インバウンド調査】旅行と温泉に関する調査(インドネシア編)

  • 2018年5月14日

インドネシア人の98%が温泉に興味

 観光経済新聞社と調査会社のDIマーケティングはこのほど、インドネシア、ベトナム、タイの一般消費者を対象に、旅行と温泉に関する調査を行った。今回は第1弾としてインドネシア編を取り上げる。調査によると、99%が日本を観光で訪れたいとの意向を持ち、98%が温泉に興味があるという。行く温泉を決めるポイントは「温泉地の魅力」、温泉街でしたいことは「入浴」が1位。日本旅行中に困ったことは「日本人とのコミュニケーションが難しい」、温泉に行く際に不安なことは「言語」が1位と、言葉の問題が浮き彫りになっている。

【調査概要】
インターネットによるアンケート調査。今年3月6日から1週間で978人が回答。

【回答者属性】
性別=男性60%、女性40%

年齢=15歳以下2%、16~19歳10%、20~24歳16%、25~29歳28%、30~34歳22%、35~39歳14%、40~44歳4%、45~49歳2%、50~54歳1%、55~59歳0%、60歳以上0%

居住地=ジャカルタ20%、ジャボデタベック9%、バンドン7%、スラバヤ16%、メダン4%、ジョグジャカルタ5%、スマラン4%、マカッサル3%、その他32%

職業=オフィスワーカー28%、エンジニア・医者・教師6%、求職中・定年退職4%、主婦9%、自営業24%、学生16%、工場勤務8%、その他6%
世帯月収=250万ルピア未満25%、250万~350万ルピア22%、350万1~650万ルピア21%、650万1~850万ルピア10%、850万1~1100万ルピア10%、1100万1~2000万ルピア6%、2000万1~4000万ルピア7%、4000万ルピア超0%(1ルピア=約0.01円)

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180512_08.pdf


関連キーワード

関連する記事

三陸の新鮮な海の幸を提供 第951回よその旅館ホテル ──一番のセールスポイントは何でしょうか。 「三陸の新鮮な海の幸を使った夕食です。養殖業も営んでおり、宿泊の当日に…

続きを読む

北米最大級の旅行会社ネットワーク「TravelLeadersNetwork」(TLN)の年次会議などの行事が4月27~29日、京都市などで開かれた。日本政府観光局(J…

続きを読む

世界的なエンターテインメント企業、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下の米国の旅行会社、アドベンチャーズバイディズニー(AdventuresbyDisney)が、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」