【観光業界人インタビュー】韓国観光公社 社長 鄭昌洙氏

  • 2017年7月14日

 日本と韓国の観光交流は、2015年に国交正常化50周年を迎えるなど、重層的で未来志向の協力を進めている。日韓の交流人口は、10年に500万人を突破し、16年には739万人が往来。目標とする1千万人も目前となった。17年6月には、日韓観光・経済交流団360人が全羅南道の木浦を訪れるなどの交流が実施された。18年は韓国の平昌で冬季五輪・パラリンピックが開催され、双方向交流の気運が一段と盛り上がりそうだ。韓国では現在、平昌五輪を控えて鉄道や道路、施設の整備が進んでいる。そこで観光経済新聞では、平昌冬季五輪・パラリンピックの開催を「観光・スポーツ交流元年」にしようと、韓国の観光開発を推進している韓国観光公社(韓国・ソウル市)を訪れ、日韓観光交流の現状、今後の交流拡大への取り組みの方向性などについて同社の鄭昌洙(チョン・チャンス)社長に単独インタビューを行った。

関連する記事

海鮮づくしの「龍宮料理」 第938回よその旅館ホテル ──創業は。 「43年前に龍宮料理の宿として創業しました」 ──海鮮料理が売りのようですが。 「鳥羽の海は魚種…

続きを読む

「観光資源の魅力向上」 産業の担い手にも意欲 石井啓一国土交通相はこのほど、国土交通省交通運輸記者会の加盟紙による共同インタビューで、国土交通施策に関して新年の抱負を語っ…

続きを読む

お客さまを健康に 第937回よその旅館ホテル ──「健康になっていただける旅館」を目指していますね。 「20年ほど前に『低糖質』に取り組む医師に出会ったのがきっかけです。以…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒