【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド53 松本慶大

  • 2022年10月21日

松本慶大氏

 コロナ禍で激減してしまったインバウンド市場も、水際対策の緩和など、業界にとってようやく明るいニュースもあり、復活に向けて準備を進められているかと思う。

 冬になるとコロナ感染者が増えるリスクもあるが、コロナと共存することを前提に取り組んでいかないと、観光業で復活している他の国との差を埋めることが難しくなる。

 世界経済フォーラムが発表した2021年版観光の魅力度ランキングで1位を獲得した日本は、歴史的な円安により、外国人からするとコスパ最強国として見られるが、個人的な意見として「安売りではなく、消費者インサイトを掘り当てて、魅力度ランキング1位の日本独自の良質な体験をいかに高く売るか」、量より質を求める観光政策を日本政府に求めたいと思う。

    ◆   ◆
 こちらのサイト(https://passport-photo.online/blog/social-media-vs-travel/#top-10-social-media-vs-travel-statistics-to-know-in-2022)で、グローバルの旅行者やSNSの利用状況など、参考になる情報を紹介している。

 【旅行者のSNS利用状況】

 ・2000年代生まれのインスタグラムの影響で旅行先を決定=40%

 ・知人、家族の写真、動画を見て特定の旅行先を決定

 ・平均60%、2000年代生まれの97%が旅行中に写真投稿

 ・旅行の計画は友人のFacebookに影響される=50%

 ・毎日100万以上の旅行関連のハッシュタグが検索される

 ・代表的なインバウンドレビュー対策は、Googleのクチコミ、TripAdvisor、Facebookの三つが重要である。

    ◆   ◆ 

 20代、30代の若い世代は、旅マエのフェーズにSNSを使って行き先を決める傾向が世界のトレンドだ。皆さまの施設の情報が、SNS上で英語で検索した際に、表示されるかどうか、チェックしてみてほしい。また、Googleビシネスプロフィールのクチコミ、TripAdvisor、Facebookにおいて、インバウンドレビューがどのように投稿されているか、Googleのクチコミに返信しているか、今のうちに確認が必要となる。

 (コレリーアンドアトラクト代表取締役) 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram