【特集 DMO財源開発】法定外税 地域特性生かす 入域、駐車などに課税

  • 2022年5月10日

 観光庁は、観光地域づくり法人(DMO)の安定的な運営資金の確保に関する手引きとして「DMOにおける自主財源開発手法ガイドブック」を作成した。財源開発の手法として入湯税などに続いて取り上げたのが、宿泊税以外の観光に関連する地方税(法定外目的税、法定外普通税)だ。ガイドブックから検討のポイントを紹介する。

   □   □

 自治体は、宿泊税や入湯税以外にも、地域の特性を生かした地方税を設計・導入することができる。宿泊や入湯といった行為に関係なく導入でき、工夫次第では導入しやすい。

 具体的には、島、山、自然公園などへの入域、駐車場の利用、別荘の所有、観光地域でのレジャー行動などに対する課税などが挙げられる。現在このような地方税は、環境整備・保全を目的に課されたものが多く存在しているが、その納税者の多くは他地域からの旅行者となっているため、観光関連の地方税と捉えることもできる。

 これらの多くは、宿泊税と同じ法定外目的税として導入されている。導入する場合の手続きは宿泊税と同様で、自治体で制度を検討の上、条例を制定し、総務相の同意を得て施行される。

 ◆仕組みの一例

 観光に関連する税は地方自治体が徴収する。徴収には強制力がある。

 (1)地域を訪れる旅行者が、課税対象となっている行動を行う際に、利用料金に上乗せして地域の事業者などに目的税を支払う。

 (2)地域の事業者は特別徴収義務者として、自治体に申告納税する。

 (3)自治体は、議会の議決を経て、その目的税の目的、使途に沿った事業の経費として支出する。

 DMOはその一部を自治体から委託費、補助金などの形で受け取り、財源とすることになる。

 ◆税の目的の検討

 法定外目的税では、観光活動に関連する行為を広く課税対象にできる。財源確保の観点から、地方税として導入が適切であるかを検討することが必要で、税制度の設計として、公正、簡素、中立の3原則を満たしていることが重要だ。検討のポイントは、(1)課税対象を特定して納税義務者を捕捉し公平な課税ができるか(2)税収効果と比べて徴収事務の負担が大きくならないか(3)受益者と負担者の関係が正当か―の3点だ。

 また、税制度の設計によっては、地域住民も課税対象となることもある。その場合、地域住民からの理解を得る必要がある。

 ◆具体的な導入事例

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram