【特集 旅館のSDGs】春蘭の宿 さかえや

  • 2022年6月18日

フリースクールの様子

 長野県・渋温泉で1927年に創業し、百年近い歴史を持つ、春蘭の宿さかえや。客室数26室のこぢんまりとした宿だ。特に接客と料理を売りとしており、宿泊サイトでの口コミ評価も高い。

 その同館は、SDGsにつながる活動として、主に(1)教育(2)ジェンダー(3)エネルギー(4)経済成長と雇用―の四つの取り組みを進めている。

 「教育」は、人によるサービスが要と考え、最も力を入れている。一つには、生き方教育として、「CL(コンストラクティブ・リビング=建設的な生き方)研修」を実施。これは、やる気がなくても行動をコントロールできる「自力」と人から応援される「他力」を身に付ける研修だ。

 「マネージメントゲーム研修」は、意思決定の際の自分のくせを把握する訓練。経営者や幹部だけでなく、全社員を対象に年に3回行っている。

 さらに研修のレベルアップを目指し、「『CL』と『おもてなし』を融合させた、さかえや独自の教育システムを構築したい」と湯本晴彦社長。
 同館の「ジェンダー」は、どんな人でも輝けるようにする取り組み。その一環として、女性の活躍を推進。現在、女性幹部登用率は50%を超える。さらに今後は、LGBTQへの対応にまで取り組みを広げる方針だ。

 「エネルギー」では、十数年前から脱炭素化を目指し、太陽熱のソーラーシステムにより灯油使用量の半減に成功。今、地熱エネルギーの活用にも挑戦している。

 同時に、省エネ意識の改革も進める。湯本社長は「物を大事に最後まで使い切る、『物の性を尽くす』という理念を社員に浸透させたい。それがエネルギー問題の解決に通じる」と意図を語る。

 「経済成長と雇用」としては、不登校や引きこもりの若者を受け入れる「フリースクール」を館内で運営し、彼らが就労できるように支援する。自社でも雇用をして活躍させている。


フリースクールの様子

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram