【特集】日本の世界遺産マップ

  • 2021年1月31日

令和に入り、元年には新たな世界遺産(文化遺産)として、「百舌鳥・古市古墳群―古代日本の墳墓群―」(大阪府)の登録が、アゼルバイジャンのバクーで開催されている世界遺産委員会で決定された。

世界遺産とは、世界遺産条約に基づいて作成される「世界遺産一覧表」に記載されている物件で、建造物や遺跡などの「文化遺産」、自然地域などの「自然遺産」、文化と自然の両方の要素を兼ね備えた「複合遺産」の3種類がある。

年々と増え続ける世界遺産だが、日本では1993年12月、法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)、姫路城(兵庫県)が初めて世界文化遺産に登録された。現在は文化遺産が19件、自然遺産が4件の計23件が登録されている。世界では2019年7月現在で、1121件(文化遺産869件、自然遺産213件、複合遺産39件)が登録され、国別ではイタリア、中国での登録が各55件と一番多い。

コロナ禍で海外渡航が制限される中、Go Toトラベルを契機に国内観光に注目が集まっている。今こそ、日本の良さを再発見する機会として世界遺産を訪れたい。

拡大

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram