【特集】「民泊新法」座談会 厚労省課長×観光庁課長×全旅連会長×全旅連副会長×全旅連住宅宿泊事業法対策委員長×全旅連青年部長

  • 2018年8月29日

「民泊新法」が6月15日施行 旅館への影響と今後の課題

 一般の民家が有料で観光客らを泊めるのを条件付きで認める「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が6月15日に施行された。2020年に訪日外国人観光客数4千万人を目指す政府が、その受け入れ態勢整備の一環で推進する一方、地域住民の生活環境の悪化、既存の小規模旅館・ホテルとの競争激化など、負の部分も指摘されている。新法ができた背景を改めて整理するとともに、新法施行直後の状況、今後危惧される問題点とその解決策について、新法を所管する厚生労働省、観光庁の2氏と全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)の4氏に語っていただいた。

座談会出席者(順不同)

竹林経治氏(厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課長)

鈴木貴典氏(観光庁観光産業課長)

多田計介氏(全旅連会長)

大木正治氏(全旅連副会長)

桑田雅之氏(全旅連住宅宿泊事業法対策委員長)

西村総一郎(全旅連青年部長)

司会=本社編集長・森田淳

https://www.kankokeizai.com/wp-content/uploads/20180825_04.pdf

https://www.kankokeizai.com/wp-content/uploads/20180825_05.pdf

 

 


関連キーワード

関連する記事

観光庁、スポーツ庁、文化庁が連携し、スポーツや文化、芸術の融合によって観光を活性化させた事例を表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の受賞団体・取り組み5件が…

続きを読む

観光庁は12月21日、日本版DMOの登録制度で、第4弾の本登録として16法人を追加登録した。追加登録の法人は次の通り(カッコ内は対象区域)。 【地域連携DMO】NPO産…

続きを読む

北海道倶知安町は昨年12月の町議会で宿泊税条例案を可決した。町内の宿泊施設の宿泊客から宿泊料金の2%を徴収し、増加する観光客の受け入れ環境の整備など観光振興の財源に充てる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube