【特集】「世界津波の日」2018高校生サミット in 和歌山 世界48ヵ国、500人が集まり盛大に開催

  • 2018年11月13日

 第70回国連総会本会議(2015年12月22日)で制定された世界津波の日(11月5日)に合わせ、日本と世界の高校生が防災について考える「世界津波の日2018 高校生サミットin和歌山」が10月31日、11月1日の2日間、和歌山市の和歌山ビッグホエールで開催され、日本を含め世界48カ国から約400人の高校生、引率者らを含めて約500人が参加した。サミットは、地震・津波などの災害から命を守るため、自分たちに何ができるかを議論し、学ぶことを目的として一昨年から開催されており、第1回は高知県、昨年の第2回は沖縄県で開かれた。第3回となる今回は、「『稲むらの火』発祥の地で濱口梧陵(はまぐちごりょう)の精神を共に学ぶ」をテーマに2日間、分科会などを開催した。

拡大はこちら

拡大はこちら

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram