【本だな】昭和・平成・令和から厳選412 定点写真でめぐる東京と日本の町並み

  • 2019年10月4日

 青春出版社(東京都新宿区)は、「昭和・平成・令和から厳選412 定点写真でめぐる東京と日本の町並み」(著:二村高史)を10月2日に刊行した。

昭和から令和…日本の町並みはこんなに変わっていた!「定点写真」で見えてくる日本の軌跡!
昭和、平成、そして令和。時代の移り変わりとともに、見慣れた町の景色も少しずつ変わってきています。昔よく行った場所や子どもの頃に住んでいた地域は今どうなっているのか…気になる人も多いのではないでしょうか。
実際、著者が自身のホームページにて東京の「定点比較写真」を公開したところ、メディアで取り上げられるなど大きな反響があったといいます。
そこで、本書では東京をはじめ日本全国206箇所の定点比較写真を公開!昭和・平成の風景写真をもとに、令和(今年の5月)になってから全47都道府県の当時と同じ場所をすべてまわって現在の風景を撮影した著者渾身の一冊です!
平成から令和にかけても意外と町並みは変化しており、日本が絶えず進化し続けていることにあらためて気づかされるはずです。

【令和】の丸の内・東京
丸の内から大手町、日本橋にかけては昔から企業の本社や大規模商業施設が建ち並ぶ“日本の顔”のような地域です。最近では、再開発で次々と新しいビルや商業施設が建てられています。
【昭和、平成】の丸の内・日本橋
当時は、丸の内にレンガ造りの三菱のビルが何棟も建っていたり、大手町や日本橋にも意匠を凝らした建物が多くありました。また、東京駅丸の内駅舎は、空襲による破壊の応急処置として中央のドームも角張った形になっていました。

「定点写真」で比べると、日本各地の変化がひと目でわかる!

【著者プロフィール】
二村高史(ふたむら・たかし)
1956年東京生まれ。東京大学文学部卒。塾講師、パソコン解説書執筆、日本語教師などの職業を経てフリーランスの物書きとなる。小学生時代から都電、国鉄、私鉄の乗り歩きに目覚める。国内のみならず、シベリア鉄道にも3度乗車。日本各地をめぐりながら、鉄道や町並みを撮影、定点写真を撮ることをライフワークの1つとしている。

仕様:新書版/定価:1550円+税/発売:2019.10.2


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram