【本だな】旅のことばを読む 小柳 淳 著

  • 2022年7月4日

 海外渡航122回を誇る、旅の達人による「旅の本」を巡るエッセイ集。旅は「計画や準備」(前)、「旅のそのもの」(中)、「思い出」(後)と3回楽しめるが、そこに一つプラスして楽しむのがいい、という筆者。

 「普段の暮らしのなかで旅に入っていけるのが、いつかどこかへの旅を読むこと。この旅を読む楽しみを加えて、3プラス1と思うようになった。プラス1のよいところは『どこかに行きたいな』状態で、とくに具体的な行先が決まっていないことが多いこと。だから、列車やら食事やらといった旅のパーツを気にせず、未だ見ぬ土地に想いを馳せられる」。

 松尾芭蕉「おくのほそ道」からカレル・チャペック「スペイン旅行記」、さらにはフーテンの寅さんロケ地巡りの書まで。旅をする前に読む本。旅をしてから読む本。実際には行かなかったけれども読む旅の本。そんな本を79冊紹介している。

 発行は書肆梓。定価は2530円(税込み)。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram