【本だな】外国人が見た日本「誤解」と「再発見」の観光150年史 内田宗治著

  • 2018年12月6日

 いまや、東京の銀座や京都の清水寺といった有名スポットだけでなく「こんなところにも」と思うような場所でも外国人客を見掛けることが多くなった。今後も外国人旅行者は増加し続けるのか? そもそもグローバルに見て、日本はそんなに魅力ある旅先なのか? これに歴史が答えてくれている。

 内田氏は、早大心理学部卒。実業之日本社で経済誌記者、旅行ガイドブックシリーズの編集長などを務めた後、現在はフリーで活動している。

 本書は、外国人による見どころランキングの変遷や、日本人による観光客誘致を巡る賛否両様の議論を紹介し、日本の魅力はいったいどこにあるのか、誰がどう発見し、アピールするのかを追う。明治初期における欧米による日本についての案内書や日本側の案内書の紹介など、めまぐるしく変転する観光の近現代史が分かる1冊。

 価格は880円(税別)。254ページ。問い合わせ先は中央公論新社TEL03(5299)1730。


関連キーワード

関連する記事

サイトコントローラー「ねっぱん!」は13日、「リソルライフサポート」の会員専用サイトとの連携を開始した。 株式会社クリップス(新潟県新潟市、代表取締役阿部広則)が提供す…

続きを読む

サントリースピリッツは4月2日、ブレンデッドスコッチウイスキー「バランタインバレルスムース」=写真=を発売する。 厳選してブレンドした原酒を、独自のシステムで丁寧に焼…

続きを読む

世界中の旅人をひきつけてやまないニューヨークで、今最も注目を浴びているエリア、ブルックリン。かつての工場や倉庫が新進のアーティストたちによってリノベートされ、クラフトマンシ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube