【本だな】シルクロード・楼蘭探検隊 椎名誠

  • 2022年6月3日

 産業編集センターは5月23日、「シルクロード・楼蘭探検隊」(椎名誠/著)を発売した。

『シルクロード・楼蘭探検隊』書影『シルクロード・楼蘭探検隊』書影

  • 書籍紹介

汗と涙と笑いが渦巻く!若きシーナの熱き冒険記、再び。
まだ中国への旅行が広く解禁されていなかった1980年。シルクロードの入り口である敦煌を目指し、未知なる国を駆け抜けた初の中国旅。さらに8年後、日中共同楼蘭探検隊の一員として参加した、死と隣り合わせのタクラマカン砂漠の旅。これまでの人生の中で特に忘れ得ぬ2つの旅を振り返る探検紀行。

——あれから二十年以上たって、あのとき書けなかったものやその後わかった驚愕の事実など、いろいろ忘れ物が出てきたので、ここですべてぶちまけて本音の探検記を書いていきたいと思った次第である。(「第二章 いよいよシルクロードへ」より)

巻末には、小便が入ったカップを投げる親父から真剣に声援を送る子供まで、メキシコ国民が熱狂する大衆娯楽“ルチャリブレ”に体当たり取材した「ルチャリブレ探訪記」を収録。

  • 書誌情報

 

『シルクロード・楼蘭探検隊』書影『シルクロード・楼蘭探検隊』書影

書名:シルクロード・楼蘭探検隊<わたしの旅ブックス40>
著者:椎名 誠
仕様:B6変型判、208ページ
定価:1,320円(本体価格1,200円+税)
発売:2022年5月23日
ISBN:978-4-86311-333-6
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4863113331
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/17111100/

  • 著者プロフィール

著者近影著者近影

椎名誠(しいな・まこと)
1944年東京都生まれ。作家。写真家、映画監督としても活躍。「本の雑誌」初代編集長。『さらば国分寺書店のオババ』(1979年)でデビュー。『犬の系譜』(講談社)で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』(集英社)で日本SF大賞を受賞。モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものなど旅の本も数多く上梓。趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。近著に『幕張少年マサイ族』(東京新聞)、『南の風に誘われて』(新日本出版社)、『漂流者は何を食べていたか』(新潮社)、『そらと うみと ぐうちゃんと きみたちのぼうけん』(光村図書出版)など


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram