【本だな】「続 心ひとつに下呂温泉 次代へのメッセージ」瀧 多賀雄 著(下呂温泉水明館 会長)

  • 2021年11月11日

 水明館(岐阜県下呂温泉)会長で、日本温泉協会会長を4期8年務めたほか、旅館業界、地元旅館・観光業界の要職を長く務めた瀧多賀男氏がこのほど、「続 心ひとつに下呂温泉 次代へのメッセージ」を執筆、岐阜新聞社から発刊した=写真。

 10年前に発刊した自伝の続編。1980年に社長就任、3代目「瀧多賀男」襲名以来、令和の現在までの下呂温泉の歴史を瀧氏の目線から俯瞰。温泉文化のさらなる発展に向けた思いをしたためている。

 下呂温泉観光協会会長に1985年就任した瀧氏は、「当時はあまり権限を持たない存在だった」協会を「町行政と対等な立場に」と、法人化に尽力。協会設立50周年の年に社団法人化を実現させた。

 「適当に宣伝し、出向いた自分たちも楽しむ」雰囲気だった東京での誘客事業も一変。会場を一流の帝国ホテルに、イベントは銀座に温泉を運んで人々に体感してもらうという斬新なアイデアで大きな宣伝効果を生んだ。海外との交流も積極的に進め、韓国・儒城(ユソン)温泉との姉妹提携を1997年に実現した。

 「やり残したこと」として「出雲大社飛騨教会」と「下呂魚介」の新増築、下呂駅周辺の整備を挙げる瀧氏は、「次なるジェネレーションに大きな期待をしてやみません」と、4代目の瀧康洋氏ら若い世代のさらなる活躍を期待している。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら